メイプルのDIO

オンラインゲームにより始めたブログ。しかし、今ではバイクや学生生活を描いた記事が中心。ちなみに愛車はZEPHYRχ、名づけて「火の玉君」。相互リンクは基本受け付けてます(リンクフリー)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きな色はルミナスチェスナットブラウンです

5年生の1回目の実験レポートは無事に通り、これで少し気持ちが楽になりました。

それもグループの中で一番に通った。

4年生(の後期)からはマジメに授業を受け、レポートもちゃんとやっているので、慣れてきたんでしょうか。

たぶん、レポートが書けるようになった1番の大きな理由は、4年生時の実験で組んだパートナーのおかげかもしれません。

そいつのレポートの書き方を見ると、これで通るのか?って毎回思ってしまう。

だって、実験指導書に書いてある課題や考察を無視したりするんですよ?

しかし、華麗に通ってしまうんですよね。

4年生時だけで15通のレポートを書きましたが、そいつと一緒に実験をしている(レポートを書く)うちにだんだんと理解してきた。





もっとも大事なのは担当教員を納得させることだと。





例え、課題をやっていなくても、教員が納得すればいいのです。

高専の実験レポートを書く上で重要なのは、担当教員の分析。

もちろん、通すことを第一に考える場合の話ですけど。

しかしですね、自分で満足のいくレポートが書けたとしても、突き返されることが多々あります。

私はそれを何度経験したか。

担当教員が納得するということは、それなりのレポートが書けているという証拠。

最近よく思うのが、実験内容自体はそれほど重要ではない。2、3年もすれば、ほぼ忘れますしね(笑)。

じゃあ、何のために実験をやるのか。

それは、レポートを書けるようになるためだと、一人で納得しています。

しかし、これでホッとはしていられない。

5年生の実験は、レポートの数にして10通以上ありますからねぇ。





1週間前の話になりますが、またまたバイクのパーツが届いた。





ビキニカウル取り付け1





撮影の仕方が悪いため、わからないでしょうが。





クソデカいです。





そんなデカい箱に何が入っているのか。

まぁ、箱の名前でわかる人にはわかりますが、ビキニですよ。










...










...










ビキニカウル取り付け2





ビキニカウル!





NプロジェクトのBlusterⅡです。

これだけで39,513円しました。

少し前の私の給料1ヶ月分に相当します。

しかし、これで...これであの風に打ち勝つことができるはず。

ある速度域に達すると私の体に猛然と吹いてくるあの風に。

さらに今の私にはちゃんとした装備もある。





BATES.jpg





これで、東名サーキットとか関越サーキットとかも余裕のはずですよ。

リミッターが掛かる時速180kmまで出せるんじゃないでしょうか。



さて、早速取り付け作業に入ります。

付属していた簡単な説明書によると、ヘッドライトをステーに留めている純正ボルトを付属している特殊ボルトに変更。





ビキニカウル取り付け3





その特殊ボルトにはネジ穴が開いており、それでビキニカウルを固定する。

取り付けるために、わざわざヘッドライトを外さないといけないとは...。

実は、この作業を行ったのは前回のチューニング時

フロントウィンカーを変更する際にも、ヘッドライトを外したので、完全な二度手間です。orz

まぁ、10分も掛からない作業なので、そんなに面倒ではありませんがね。





ビキニカウル取り付け4





完成です。

まるで別人ならぬ別車ですね。

ビキニカウル1つで、車体の雰囲気がかなり変わってきます。

暗くて、わかりづらいですけど...。

ビキニカウルが到着したのが18時。それからの作業のため、スデに日が暮れています。

明るいときにやってよかったのですが、実際に、手元にビキニカウルが来ると、すぐに取り付けたくなってしまって...。

それと、取り付けていた私ですら、当日にわからなかったことなんですが。

他の外装とわずかに色が違うんですよね。

注文したビキニカウルは純正色であるルミナスチェスナットブラウンを選択しましたが。

どうやら、タンクが純正ではないので、そのせいでしょうか。

ショックですが、遠目から見たら、全くわかりませんし。

何より、外装はまるまる買い直す予定なので、別にいいかなと。



取り付けてからは、まだ1回しか乗っていませんが。

ビキニカウルに体が隠れるように屈むと、無風状態をよく実感することができます。

これで、高速走行時の疲労はだいぶ変わってくるはず。

しかし、そういう体勢を取ると、かなり窮屈なんですよね。

そうなるとですね...





バックステップ





今度はバックステップが欲しくなってくる(笑)。





たぶん、バックステップを取り付けたら、今度はセパハンにしたい!とか言い出すと思います。

と、止まらねぇ...。

そこまでしたら、普通にレプリカ買った方がいいかもしれませんね(笑)。

でも、セパハンは冗談にしても、バックステップは欲しいです。

まぁ、金銭的に余裕がないので、当分の間はお預けですがね。 【“好きな色はルミナスチェスナットブラウンです”の続きを読む】
スポンサーサイト

改造じゃあない!チューニングだ!

前回の続きです。



まずは家の中でできることはできる限り済ませる。

フェンダーレスkitを組み立てます。

この組み立ては順調でしたが、1つだけ気になることがありました。

何にも使わないネジが出てくるということ。

いや、最初はテールライトに付いていたのですが、作業工程上、外すことが必至。

なんのために付いていたのかは未だにわかりません。

それが終わったら、今度はカウルを脱がしに行きます。





フェンダーレス化1





スッ裸ですね。

下半身露出しまくりで、骨まで見えています。

いやぁ、やっぱり、自分でバイクをイジるのは(修理するのも)楽しいですよ。

何より、バイクの構造が理解できてきます。

少し前にリレーを使った電源供給システムを作りましたが、アレでリア周りの配線は完全に理解。

今回のこの作業もサクサク進むことができます。

まぁ、普通に説明書に載ってるんですけどね。ただ、書き方が一部不親切ですけど。





フェンダーレス化2





テールライト装着完了。

でもね、完全にはハマらないんですよ...コレ。

どういうことかというとですね。

シート下には大抵、小物入れがありますよね?私はスデに除去しましたが。

アレを止めるネジがジャマして、ピッタリくっ付かないんですよ。

ちゃんとソレ用の穴は開いてるのにですよ?

メーカーの不手際なのか、年式によるモノなのかは不明。ちなみに私のは1999年型です。

え~、ここまでディ・モールト スムーズに進んでいますが。

実際にこの時点で1時間半掛かっています。

その一番の要因は工具を家に忘れるということ。

私の家は5階に位置するのですが、エレベーターがあるといえど、移動が頗る面倒。

ゆえに、工具などは最小限に抑えるわけです。

しかし、その結果、工具を忘れたら、もう一度戻らなければならない。

しかも、忘れた工具を取りに行ったはずが、違う用事を思い出して、本来の目的を忘れるということもあります。

この日だけで何往復したことか...。

で、昼間に2りんかんにウィンカーを買いに行ったことと、バイトが16時からということもあり、今日は終了。

っても、ここで終了するのはいくらなんでも中途半端なので、リアウィンカーだけ取り付け。

配線も終わり、最後にチェックします。





フェンダーレス化3





さすがLED、昼間なので写真ではわかりにくいですが。





メチャクチャ明るいです。





特にナンバープレートを照らす部分がヤバい。それに、何気にウィンカーも明るいです。

コチラが夜に撮った写真...





フェンダーレス化4




バイト帰りのため、ケータイで撮りましたので、画質はデジカメに劣りますが。

それでも明るさはわかるはずです。

ハロゲンとは違うぜ!



その翌日。

起床後、スグに続きをします。

リア周りを調整し、次はフロントです。





ウィンカー交換





ヘッドライトを外し、ウィンカーを外します。

って...もう付いていますね。写真の撮り忘れです...。

というか、この直後に知ったことなのですが。

ポジションランプなんてあるんですね...。

いやね、ウィンカーについて調べてるときに、2極と3極があることを知ったんですよ。純正は3極。

以前のZⅡウィンカーはバイク屋に頼んだので、その辺はよくわからなかったんです。

となると、普通は3極のウィンカーを買うでしょう?

しかし、以前のウィンカーは2極だということが判明。

え?もしかして、極数とか関係ないの?

ポジションランプについても調べてみるが、私の愛車がポジ(ションランプ)ってるところなんか見たことないぞ!

結局、それがわからないまま購入。ZEPHYRχ用のモノを購入したので問題ない、と。

それで、実際に取り付けてみると、確かに使っていない配線を発見。

そこに”余分なはずの”コードを差し込み、キーを回すと...点いた。

常に点いている。

これがポジションランプというものなのか。





...





かっけぇえええ。





ご満悦です。





フェンダーレス化5





そうして、完成。

オシリが引き締まっていることがおわかりでしょうか?

ウィンカーもかなりスリムです。

横から見ると、カッコイイんですけどね...





フェンダーレス化6




後ろからみると、この通り。

例えるなら、30kgぐらいダイエットに成功したが、痩せすぎて、皮がぶよぶよに余った状態、というのはどうだ?

ディ・モールト カッコ悪い。

引き締めるためにも、ZⅡテールは必須のアイテムということを痛感。

買うのは当分先になりそうです。 【“改造じゃあない!チューニングだ!”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。