メイプルのDIO

オンラインゲームにより始めたブログ。しかし、今ではバイクや学生生活を描いた記事が中心。ちなみに愛車はZEPHYRχ、名づけて「火の玉君」。相互リンクは基本受け付けてます(リンクフリー)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5周年記念

まず。

前回の最後に載っていたSSで。





パラディンLV150-25





斎藤が持っている砕骨刀。

コレ、自前ではなく兄貴からの借り物。

さらに言うと。

アバで見えませんが、アバの下に着ている防具。

LV80装備のバトルロードっていう全身防具なのですが。

単純計算で素早さ30%が6連ぐらいしてそうなものも借りてます。

こう普段から世話になってるわけです。

これにて武器には困りませんね。



前回の記事ですけど、書くのが遅かった。

書いてからわずか1日でパッチで消えてしまった。

というか私がタンユンの材料集め自体やるのが遅かったんですけどね。

パッチのメンテ寸前で最後にもう1個だけブランコチェアを貰っときました。( ´ノω`)コッソリ

というわけで今日は反省して最新のクエ情報をお届け。

知っての通り、今回のパッチは5周年記念がメイン。

メイプル武器をはじめ、メイプル帽子やメイプルイヤリング、メイプルリーフなどなど。

メイプルイヤリングなんかは去年はクエストで入手という仕様だったのに。

今年はモンスターからドロップする紅葉と交換で貰えることに。

去年の苦労は何だったんだって感じです。

今回は新しくメイプル帽子の4段階目とメイプルリーフ、メイプルマント、あと海賊のメイプル武器が実装。

その中の1つであるメイプルマント。

これだけはクエストらしい。

メイプル武器はドロップで残りは紅葉と交換できます。

メイプルリーフは期間限定ですけどね...。

で、個人的にマントがスゴくほしい。

性能が良すぎる。

さらには期間限定でもない。

魅惑の一品じゃないか。



キタ(゚∀゚)コレ!



が、入手方法が不明。

どうやらボスが入手方法を知っているようなのでついていくことに。

まずはカサンドラからクエストを受けると。

ウィンスターンに会いに行けと言われるのでペリオンへ。

ここまでは余裕だ。一人で理解できた。

次にウィンスターンから求められるのが”スノーシルク”というもの。

それを10個集めてエリニアのアルウェンに持って行けと言われる。

いきなりそんなもの言われても知るか!

ということでボスと来る前はこのクエストを中断したのですが。

ボスはソレを知っているらしい。

何か狩るぞ!と言うのでついていく。



凛「斎藤」

凛「↑2個」

斎藤「う?」



明らか見慣れないものが落ちている。

拾ってみると、宝探しノートというもの。

ダブルクリックしてみると...



アイテムを得ました。(青い薬)

アイテムを得ました。(モミジ500個)



なんだこれ...もみじ溜まりそうだ。



アイテムを得ました。(白い薬)

アイテムを得ました。(スノーシルク)





なるほど、そういうことか。

宝探しノートはすぐ落とすのですぐにスノーシルク10個ゲット。

早速アルウェンに渡しに行く。

不思議な生地を貰うのですぐ近くにいるエトランへ。



アイテムをなくしました。(モミジ50個)

アイテムを得ました。(メイプルマント)



簡単じゃないか。

どうせ最初は何も能力付いてないんだろ?

っふ、やはりな。

今度はオルビスのリーサに会いに行けと言われるので。

あらかじめスノーシルク10個持っていきます。





メイプルマントの修繕




この時点で移動5のジャンプ10。

このクエストの面倒なとこは移動ですかね。

次にエルナスのアルケスタに会いに行けと言われます。

またスノーシルク10個を集めてね。





パラディンLV152-1




結局スノーシルクは30個必要。

それと紅葉がちょこちょこ。

すぐに溜まるでしょう。

そうして...





メイプルマント




最終段階に入ったメイプルマントゲット。

移動10にジャンプ5とか最高じゃないか。

コイツは強化するしかない。

ただやはり交換は不可。

斎藤専用なのでSTR強化でもしますかね。

それと普通に紅葉集めるより宝探しノートの方がいいかもしれませんねぇ。

一気に500個とか貰えるんですから。 【“5周年記念”の続きを読む】
スポンサーサイト

ブランコチェアをゲットせよ!

今日よりいつも通りの記事になります。

一人旅の疲れも取れ。

いよいよ夏休み本番!

いやいや、マジに。

カレンダーを見てみると、夏休み入って。

まだ2週間チョットなんですよね(笑)。

あと1ヶ月近く休みです。

こりゃ斎藤の育成再開ですね。



サクチケは夏休みが終わる日から1ヶ月逆算して買うことに。

それまで日が余っていたのでクエストをね。

期間限定クエストの”タンユンの材料集め”です。

エリクサや白の書20%、みなぎりドリンクが買えるとか。

しかしそんなことが狙いではなく。

ホントの狙いはブランコチェア。

200Mは確実に売れるらしい。

けどソレが目的でもありません。

チョット話がズレますが。

私の求める装備は今揃えるととんでもない数字になるはず。

とてもじゃないがブランコチェアだけではキツい。

そして最近の相場についていくのが面倒になったので。

最近はフリマ利用していません。

装備とか全然整っていませんがLVが上げられないわけではない。

自論ですが、LV上げに何より必要とされるものは飢えと向上心、それに合う精神力。

最低限の装備さえあればゴールに向かうことはできる。

遅かろうが遠回りしようがゴールはできる。

向かっているのですから。

あれ?何でこんな話になったんだ...。

かなり脱線しましたが。

まぁ、ブランコチェア何個も手に入れれば結構金になりますね。

そこそこの装備も買えるでしょう。

が、私の目的は違う。

まずは材料集め。

話によると、5月の露1000個とロランのハサミ500個が必要らしい。

このクエストをやろうと決めて20秒。

5月の露1000個入手。

買ったわけじゃない。

貰ったんだ!



=====○)д`);.・;゛;ブッ



このクエストを教えてくれたのがボスで。

ちょうど5月の露を落とすホムンクルーを買っていたらしく。

大量にあるというので貰うことに。

実際兄貴は12000個持ってるとか。

そんなことはおいといて、次はロランのハサミ。





パラディンLV150-24





のんびりしながら狩ることに。

ザクチケのない私がそんなすぐに集まるわけがない。

気長にいこう、気長に。

このクエストをやろうと決めて6時間。

材料は集まった。

早速タンユンの下へ向かう。

タンユンの材料集めが詳しく載っているのがコチラ

MapleGoGo様より。

要は集めて来いと言われた材料を1個1個タンユンに渡す。

スゴくめんどい(1500回もタンユンをクリック)し時間も(3時間ぐらい)かかるけど間違わなければほぼ100%貰えるらしい。

その中で最も信憑性があるのが5月の露とロランのハサミなわけで。

これを次の順で渡す。

5月の露→露、ロランのハサミ→ハサミ、と表記する。



露→露→ハサミ→露→露→ハサミ...。



この順で渡す。

これを1500回。

間違えてはいけないらしい。

間違えたら全てがパー。

精神的ダメージはディ・モールト大きいはず。

もしかしたらショック死するかもしれない。

気をつけて取り掛かろう。

タンユンの下に到着と同時に思った。

こんな曲じゃやってられねぇ。

絶対寝てしまう。

睡魔が何よりの天敵だ。

すかさずitunes起動。

これでok。

作業に取り掛かる。

20分後...。

チーン。

露→露→ハサミときて、続けてハサミを渡してしまった。

お、終わった。

どうしていいのかわからない上に倉庫キャラだったので。

ギル員がいるであろうフリマへ向かおうとするが。

内緒をすればいいことに気づいたので戻る。

すると隣で一緒にやっていたボスがその一部始終を見ていたのか。

内緒をした別のギル員経由から残酷なことを教えられる。

マップの出入り、CH変え、ログアウトはNGらしい。

な、なんだとー!?

そんな馬鹿な話があるか。

とことんやってしまった。

だからと言って今までのが無駄になるのもムカッ腹が立つ。

というわけで何事もなかったかのように再開。

チーン。

またさっきと同じことをしてしまった。

どうしようもないな。

けどこんなことで終わりたくもない。

何か、何か打開策はあるんだろ?

すかさず先ほどのサイトを見る。

こ、コイツは...まことか!?

3時間後。





タンユンの材料集め





...





...





アイテムを得ました。(ブランコチェア)





キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!!



驚くべきことに順番を間違えた回数は10回以上に上る。

これは...法則を見つけてしまった。

露→露→ハサミ→露→露→ハサミ...はあくまで基本。

私のミスった行動を加味して考察してみると。

とにかく露1000個とハサミ500個を機嫌を悪くさせず渡せばokらしい。

例えば露を1個渡したあとにハサミを3回連続で渡そうが全部渡しきれば全く問題ない。

私の場合、露→露→ハサミ→ハサミと渡してしまったので。

露→露→露→ハサミ→露→露→露→ハサミ、と渡して調整。

これで露:ハサミ=2:1になってるでしょう?

ハッハッハ、容易いじゃないか。

このクエストを始めたとき、何より苦しかったのが。

露→露→ハサミの順を守らないといけないこと。

しかしそんなことは基本であり、ただの目安。

ちゃんと打開策が残されていたのだ。

それに、マップの出入り、CH変え、ログアウトはNGも全てデマ情報。

ただ同じETCを4個連続で渡してしまったり、ないETCを渡すと完全にNGです。

それと間違って”報酬を貰う。”を押してしまうことを想定して、装備・消費欄は全て埋めときましょう。

さすがに面倒さは否めませんが誰でもできます。

裏を返せば誰でもコレで金稼ぎはできます。

以前も似たようなことで稼ぎましたね。

今回改めて思ったことは。

メイポにチャンスはいくらでも転がっている。

ネクソンが毎月イベントクエストを実装する度にね。

前にも言いましたが新しいものは何でも相対的に見て高い。

今の海賊のマスタリーブックも高いのもいい例です。

相場が高くて何も買えない?

いや、違う。

逆にそこを利用するんだ。

メルやPがなくてもメイポの知識があれば今の世の中でも全然やっていけます。

むしろ都合がいいかもしれませんね。

メイポ初心者の天敵は何よりもメイポ知識のはず。

来月の金稼ぎも目に見えています。

散歩路から推測されるメイポ武器のドロップ。

ほとんどが低LVモンスターからのドロップなので初心者でも余裕のはずです。

売るときはフリマ入り口で安く叫べば食いつきます。

あれ?また話が脱線した...。

話は戻ります...。

このクエストをやった理由。

それは...





倉庫キャラ1
SonsOfThe凛が座っているブランコチェアはボスから借りて座っている物です。





兄貴にあげるため。

この兄貴、見た目から想像できませんが大のイスコレクター。

そして珍しく持っていないというのがブランコチェアだった。

こりゃ渡すしかないだろ。

兄貴は装備もメルもあるので何を渡したらいいのかわからなかったので。

普段の礼が何もできず頗る苦しかった。

やっとほんのちょっぴりですが借りを返せた気がします。





パラディンLV150-23 【“ブランコチェアをゲットせよ!”の続きを読む】

一人旅 終章 -一人旅であって一人旅じゃない-

ん...んん~。

目が覚めたのは7時。

昨日は23時に寝れたからか。

はぁ、今までの疲れがここに来て出た感じだ。

どこか観光に行こうという気力にもならない。

まずは風呂入ろうかな。開いてみるみたいだし。

朝から温泉とか贅沢だ。

これで2000円は安い。

ただネットが繋がってないのがなぁ。

ふと携帯電話を見てみるとボスからメール。

そうか、昨日はホンテだったか。

あの状況だけにすっかり忘れてた。

ブログ更新もしなきゃいけないし、ネカフェ寄るかぁ。

とりあえずここを出よう。

支払いをしてっと...。



女性店員「深夜料金1000円になります。」

DIO「え...(1000円もあったっけ。)」





...





...





ない。



DIO「今チョット金ないんで下ろしに行っていいですか...?」

女性店員「え?ちょっと待ってください。」



うわぁぁぁ、やはり泊まるんじゃなかった。

昨日の時点で2400円しかなかったんだよ。



女性店員「身分証明できるものありますか?」

DIO「この免許証で。」



免許証のコピーと電話番号を書いて、何とか下ろしにいけることに。

ここで次に問題なのが、こんな山奥に下ろせる場所があるのか?

と思ったらあまり問題はなかった。

スデにそこは町だったのだ。

こんなに建物が並んでるのは久しぶりだ。

ってもそんなにデカくないですけどね。

なおさら泊まらなくてもよかった。

雨も止んでいたし、チョット走ればネカフェが見つかっただろうに。

が、今はそんなことを思ってる場合じゃない。

なんと郵便局が開くまでにあと50分。

待ってられん、コンビニだ。

...このコンビニATMねぇ。

この状況にチョット焦った。

なんとか他のコンビニで見つけ、再び健康ランドへ。

またあそこに戻るってのが嫌だな...。

ヘドが出そうな空気の中、支払いを済ませ外へ。

次回からの半額券を貰ったがもう二度とこないだろう。

再び走り始めて3分、携帯電話に着信が。

ボスからだ。

どうやら心配して電話をかけたとのこと。

ボスだけではなく他のちょんぱギル員も心配していると聞かされる。

それに対して、すみません。としか言えない。



凛「まだ寝ぼけてるんやな。」

DIO「そういうわけじゃないッスけど...。」

凛「帰ったらちゃんと寝なよ。」

DIO「はい。」

凛「着いたらメールして。」

DIO「わかりました。」



安心しますよ。ボスの声は。

そして再びバイクを走らせる。

さすがに帰るのが早くなるのでチョット海に寄ることに。

海水浴場で有名な茨城の大洗にでも行ってみようとするものの。

そこらで駐車できないのでやめ。

もう少し先の海岸に寄り、何もせず再び帰路へ。

6時間ほどして都会に入ったが。

クソ渋滞。

すっとろくて眠すぎる。

もっともバイクは得意のすり抜けが可能なので車よりはマシ。

車ならイライラしてるだろうなって思いながらすり抜けて行く。

動いているトラックはおっかねぇって思った次の瞬間。


ガッ!


!?

なんだ何が起きた。

自分からトラックの反対側を見てみると。

見るからに向きが逝っちゃてるミラーの自家用車が。

トラックを避けようとしてぶつかったのだ。

幸い壊れたわけなかったので謝って済みましたが。

明らか集中力は切れている。

普段なら通らないであろう隙間を2速(時速40kmぐらい)で走っていた。

早く寝たい。

ほどなくして東京へ。

今まで田舎道に慣れていたせいかスゴくイラつく。

何よりイラつかせるのが暑さ。

同じ気温でも山の中だと涼しいんですよ。

ところが東京に吹く風は全て熱風とも言える。

暑い、暑すぎる。

これがヒートアイランド化現象ってやつか。

家に到着と同時にバタンキュー。

ボスにメールを打って、寝た。








・走行距離

     走行距離  累計走行距離

1日目   370km      370km

2日目   210km      580km

3日目   320km      900km

4日目   255km     1155km



・経費

      金額   累計金額

1日目 9356円    9356円

2日目 7223円   16579円

3日目 7988円   24567円

4日目 2367円   26934円



ガソリン代       11834円

宿泊費代       10530円

食費代         3465円

アイスクリーム代    475円

お土産代         630円
---------------------------
           計26934円








総走行距離1155kmか...よく走ったなぁ。

4日間といえど、やはりそんな安い額じゃないですね。

宿泊費なんかは抑えようと思えば4500円にできましたが、他に寄るとこがなかったのでねぇ。

そして食費は安いですがアイスクリーム代が無駄すぎる。

休憩毎に食べてましたからね。

2万円以下で抑えられれば最高ですが、こんなもんでしょう。



結局何の旅だかわかりませんでした。

まぁ...走りに行ったんですけど。

新潟も山形も何もありませんでしたしね。

ただ仙台だけは違う。

あそこはいい。

都会なのにチョット離れれば自然が多いし。

牛タンやカキがあり、カワイイ子も多いし。

東京以外で暮らすとしたら仙台ですかね。

他にも行っていないとこはいっぱいあるのでわかりませんが。

にしてもホントに行ったなぁ。

何より嬉しかったのが。

ちょんぱギル内で「今どこだ?」と聞いてくれたり、一緒に調べてくたり、教えてもらったことですかね。

もちろんリア友からも来ましたけど...ヤツらは役に立たん。

特にボスの凛さんには夜遅くまで調べてもらったりで、ありがとうございました。

一人旅ですが全然一人じゃないですね。

次行くことがあったら今度は西ですかね! 【“一人旅 終章 -一人旅であって一人旅じゃない-”の続きを読む】

一人旅 第三章 -集中豪雨-

遅れての更新です。

昨日は更新できない状況でして。

つまり、ネカフェに着かなかったわけです。

だからと言って野宿というわけではないんですけどね。

結果から言うと今は家にいます。

順を追って説明。

ネカフェで夜を過ごし。

気分よく目が覚めた3日目。

あれ?アラームなる前に起きたのか。

時計を見てみると...10時半。



( ゚д゚)ポカーン



ハッハ、まてまて。

アラームなっていないだろ?

あのクソうるさいアラームが...

3回も鳴ってるぅー。

寝坊した以前にネカフェであのアラームを3回も鳴らしたのか。

さぞかし迷惑だったはず。

しかしアラームで起きないとは相当疲れていたのか。

いや、寝るのが遅かったんだ。

寝たの朝4時でしたから...。

高い追加料金を支払い後、出発。

今日は仙台の名物である牛タンを食べる。

その後は日本三景の松島へ。

そして南下しネカフェに泊まってホンテ討伐をする予定だ。

2時間後の12時過ぎには仙台にいた。

直線だと50kmもないのでね。

が、その道のりは激しく険しかった。

まず地図からでもその激しさが伝わる。





地図-笹谷峠





...ここだけ高速乗るべきだったか。

どうやら後続の車は高速に乗ったっぽい。

人一人として見かけないし。

ま、面白そうだしいっか。

とか甘っちょろい考えも潰される。

この峠に差し掛かったのと同時に。





2008年夏-一人旅7





道もクソ狭くなった。

車2台すれ違うのが困難ぐらい。

実際は写真の道なんかよりももっとヒドいです。

ホントに狭い。

それに加え道が整備されていないためかかなりデコボコしている。

一通ならまだしも、ここは対向車が来る。

ところどころU字なので急に車が出てくるのがおっかない。

今までにない険しさだ。

だがそれも...





2008年夏-一人旅8





これを上って来たと考えると少しは感動。

上り切った!

これで解放され...

なかった。

今度は下りでだ。

くだりの方が怖い。

自然とスピードが出てしまうので。

突っ込まないようにちゃんとブレーキをかける。

ここは絶対車じゃ来たくない。

狭すぎる。

直線なら1時間もかからない距離なのになぁ。

峠を下り終えると。

今度はひらすら直線。

なんだこの差は(笑)。

信号もないし、ずっとこれなら30分で着いたでしょう。

ほどなくして。





2008年夏-一人旅9





仙台に到着。

驚いた。仙台駅がデカいことに!

別にけなしているわけじゃないんですが。

正直新潟駅や山形駅はB級だ。

スケール的にね。

そして何もなかった。

それに比べ仙台ときたら。

デカいし遊ぶとこもかなりありそう。

新潟や山形と違って名物を容易に発見できた。

早速小さな定食屋に入って牛タンを食す。





虹村億康2




山形駅なんかじゃなくて仙台駅に泊まればよかった。

少しは歩き回れただろうに。

もっと色々回りたかったが時間だ。

仙台の滞在時間はわずかの30分。

...仙台はもう一度来る価値あるな。

次の目的地はチョット北に向かって松島だ。

距離にして20km程度。

仙台駅から近くてよかった。

これが50km先とかだったら行かなかっただろう。

途中給油したりで1時間ほどで到着。

松島はカキなのか!

くそぅ。ホント仙台に泊まればよかった。

夜は牛タン定食食べて、昼に松島にきてカキだった!

カキ食いてぇ...けど腹いっぱい。

牛タン定食食べる前でそんなに腹へってなかったし...。

お土産買って景色見て帰るか。





2008年夏-一人旅10





スゲー。

写真はほんの一部。





2008年夏-一人旅11





普段はあまり景色とか興味ないのですが。

ここは違った。

うん、お勧めできる。仙台は!

いいよ、仙台。

時刻は16時。

そろそろ南下の時間だ。

この時間だと下調べが済んでいる中で最も近い福島県のいわき市だなぁ。

100km超程度と見た。

4時間ぐらいだろう。

チョット夜道を走ることになるな。



...



...



ホンット、仙台に泊まればよかった。

雨。最初はすぐ止むだろうと。

が、止まないどころ逆に強くなるばかり。

体に打ち付ける雨粒が痛い。

痛いってなんだよ...?

いわき市まであと60km。

これ以上進むのはホントに厳しい。

どうしたらいいのかわからないのでコンビニに寄ってボスの凛さんに相談。

調べてくれるらしい。

本当に走るのが厳しかった。

チョット金を出してそこらのホテルに泊まろうかって思っても金がなかった。

残りの2400円で泊まれるか?

泊まれない。

ケータイで調べてみても携帯サイトじゃロクな情報が得られない。

いつまでもコンビニにいるわけにもいかないし...。

ボスに頼るしかないのか。

この旅はなんで出たんだ。

はっきり言って自分でもよくわからない。

わかることはこうしてボスに迷惑をかけていること。

他人に迷惑をかけるなら初めから一人旅なんかするなって自分につっこんだぐらい。

走るしかない。

時速60kmで走れば1時間だろ?

1時間ぐらい余裕...じゃないか。

走り始めて20分と経たないうちに後悔した。

一応雨具はあるがもはや無意味と化している。

雨がヒドすぎる。雷鳴っているぐらいだ。

スデに全身ずぶ濡れ。

着替えも荷物も全部ずぶ濡れだ。

ただでさえヘッドライトが機能しない上に視力も悪いっていうのにこの雨。

シールド下げると何にも見えない。

けど開けたからと言ってもそんなによくはならない。

頼りとなるのは対向車の存在と自身が照らす標識。

そこから先の道を判断する。

5m先が見えないんですから...。

気づけば路肩ギリギリ走ってるし、何度も事故りそうになった。

何も見えないし、夏だっていうのに震えるぐらいクソ寒い。

早くこの地獄のような状況から逃れたいって思うのは久しぶりだ。

最近なまっちょろい生活送ってるからか。

その罰か、コレは。

永遠に続くことじゃない。

何度自分に言い聞かせたか。

走り始めて1時間後、市街に入る前温泉を発見。

あまりにも震えがヤバかったので入ることに。

支配人っぽい人「入浴料2000円になります。」

ぼったくりかよ。

これで残金400円。

明日どこかで下ろさないと。

できるだけここで時間潰してネカフェ行こう。

けどその必要はなかった。

どうやらここはただの温泉ではなく健康ランド。

寝ている人がいたのでその付近で寝ることに。

次回終章。 【“一人旅 第三章 -集中豪雨-”の続きを読む】

一人旅 第ニ章 -未だに何の名物も食べていない-

どもども。

頭が回りません。

はい、眠いです。

今は2時半。

書く時間が...昨日より悪化している!

ま、それはおいておいて。

こうやって更新できているってことは、無事宿を見つけたわけで。

ってか、またネカフェですけどね。

さらに言うと更新時間がこんなに遅いのはネカフェだから。

普通にメイポして、漫画読んで...。

あぁ、眠い。

いつまでもグダグダなるので。

今日の過程を!



朝は7時半起床。

8時にネカフェを出る。

あれ?同じスケジュールがあったような...。

そうじゃなくて。

8時にネカフェを出たんですけど。

思いっきり雨!

新潟の朝は大雨でした。

そりゃあニュースになるぐらい。

大規模な土砂崩れがあったとか。

リア友がニュースでそのことを知って電話かけてきましたからね(笑)。

さすがに走る気にはならなかったので。

再びネカフェへ。

どうやら午前中だけらしいのでね。

午前中は漫画を読んでるだけでした。

ふと外を見ると雨が止んでいるので。

支度して、いざ出陣。

今日の目標は短めで山形だ。

理由は2つ。

1つは、実を言うと雨ってのは知っていたのでそんなに走れないことを予測。

もう1つは、メイポのイベントに参加するためだ!

イベントは16時かららしいのでね.。

距離にすると200kmあるかどうか。

昨日370km走った私からすると余裕だ。

昨日の半分じゃないか。

余裕よ、余裕。

相変わらず車も少ない。

田舎道を時速80kmで走行。

もはや高速だ。

どんどん進む。

どんどんどんどん...。

そして気づいた。

道が間違っていることに。;;

何と東方面に進む予定が思いっきり南下。

さらにいうと最初は道があっていたのにも関わらず。

何を勘違いしたのかこの道は違うだろ!と思い込み。

本当に違う道へ。

距離にして50km以上。

これはイタい。

時間にして1時間。

ガソリン代にして600円。

精神的ダメージにして8000ダメージ。

出たよ、この3連コンボ。

イタ過ぎる。

メイポプレイヤーにわかりやすく説明すると。

墓ドロップしてペナルティもらった気分だ。

私の場合墓ドロップはモチベーションの低下に繋がる。

バイクも同じ。

が、メイポでもそうですけど。

そこで止まっていたら進まない!

というわけで引き返す。

時間がない。

イベントに間に合わないぞ!

急ぎつつ、今度は慎重に確認をしながら走行。

またどんどん進むわけですが。

今日は予想外なことに。

筋肉痛にならなかった!

まさかだとは思いましたが。

体が元気に動く。

ただ1つ不調なとこを除いて。

それがケツ!

出発前から兄貴に言われていましたが。

ここだけ痛い。

立てばすぐに直るんですけど。

長時間座っているとまた痛くなっていく。

回を重ねるごとに痛みは増大。

ゆえにコンビニで休まなければならない。

けどコンビニもそんなにないのでねぇ。

余談ですけど。

こっちの方にはセブンイレブンしかないです。

あとはローカルコンビニであろう”SAVE ON"というコンビニ。

どちらにしろ少ないです。

というわけタイミングが重要なんです。

ここに寄らなかったら次はいつなのか全くわからない。

まぁ、私は自分の勘でここだ!と。

休憩を済ませ、再出発。

もうここらへんでイベントには間に合わない感じでしたが。

ダメ押しといわんばかりの追い討ちが。

後ろからパトカー出現。

いや、私じゃありませんよ?

赤灯回してるのにサイレンならさない。

急いでるのか急いでいないのか全くわからねぇ。

ま、すぐ抜かすだろう。

しかし。

そこの制限速度は50kmなので一応守る。

普通なら80kmは出すとこなんですけど。

さすがにパトカー後ろにいるのにそれはできない。

通過してからにしようと我慢。

10分後。

てめぇ、いつまで後ろにいるんだァー。

そう、このパトカーも律儀に50kmを遵守。

つまり車間距離は変わらない。

急いでるんじゃないのか。

一本道のためにピッタリとくっついてくる。

何回考えただろうか。

どうやってこの呪縛から逃れるか。

例えば、直線のときは制限速度を守って。

カーブのときだけ少しだけ引き離す。

繰り返せば測定できない距離になるだろうと。

そう考えながら何度も繰り替えした。

が、パトカーはピッタリとくっついてくる。

抜かしたいなら抜かせよ!

そしてさらに5分後。

願いが通じたのか。

いつの間にかパトカーはいなくなっていた。

そこで鬱憤は爆発。

一気に倍の速度で走行。

が、もはや無駄だった。

もうイベントには間に合わない。





2008年夏-一人旅6





山形駅に着いたのは16時45分頃。

諦めて散策しようかと走ってみるものの。

何もねぇ!

するってーと、あれか。

ネカフェへGO!

けど17時にネカフェは早すぎ。

というか元々今日は風呂探しの予定が。

ネカフェで銭湯探し!

もちろん混浴だ。

そう勢いづいて探すものの混浴は山奥のみ。

暗いのにそこは無理だよ...第一おねーさんいないだろ。

普通に銭湯。

夜はラーメン。

ほんっと。

山形なんもねぇ。 【“一人旅 第ニ章 -未だに何の名物も食べていない-”の続きを読む】

一人旅 第一章 -普通にネカフェを満喫-

どもども。

ネットカフェからの更新です。

ええ、新潟に着きましたよ。

新潟駅の近くです。

ってかね。

今1時半過ぎなんですよ(笑)。

ちょっと体力的にヤバいです。

ふらふら状態。

新潟駅に着いたのは17時半なんですけどね。

そこからネカフェ探しに。

それに関してはボスに連絡して検索してもらいました。

で、21時頃にネカフェ着です。

それから何していたかというと。

狩り。

いやぁ、経験値2倍ですよ?

そこにギル員が骨龍を空けるというので、そのままつかわさせてもらいました。

まぁ、実際に狩ったのは1時間程度なんですけど。

そこからはネカフェを満喫。

普通に漫画読んでましたよ。

そして気づけばこの時間。

正直もう寝たいんですけど。

毎日更新すると言ってしまったので...。

とりあえず今日の過程を綴りますと。

7時半に起床。

8時には家を出て、出発!と思いきや。

まずはガソリンだ。

ほとんど残ってない。

給油後、改めて出発。

ルートは国道17号線をひたすら走る。

もちろん高速は乗りません。

ゆえに道のりは険しかった。

まずですね。

最初は町が続くわけですよ。

ふと走行メータを見ればかれこれ100km走ってる。

時間にして4時間です。

それ見ただけで疲れましたし。

でですね。

そこからが問題なんですが。

道路標識あるでしょう。

ここまで何kmとかって。

あれって何回も出てくるので、1つの目標になわるわけです。

どれだけ走ったとか、わかるでしょ。

目標になるんですが...。

目に映りこんだ表示が。





2008年夏-一人旅1





新潟250km



...



...



今100kmを4時間かけて走ってきて。

新潟まで250kmだと?

絶望に打ちひれ伏しましたよ。

けど今更諦めるわけにもいかないので黙々と走る。

いや、黙々じゃないか。

途中とかバイクの上で歌ったり、踊ったりしましたからね。

バイクに乗りながら普通に写真をパシャリ。





2008年夏-一人旅3





危険なのでそんなにしてませんけど。

道のりはいよいよ峠に差し掛かりまして。

大変なんですけどそれがまた面白い。

このスピードだと曲がりきれないな、とか。

その微妙な攻め際がね。

が、今回恐ろしかったことが1つ。

それがトンネル。

あれはマジに死にそう。

まずヘッドライトが使えない。

上向いてるのでね。

トンネル内は非常に暗いです。

ま、それだけならいいでしょうが。

持ってき忘れた。

いつも使ってないのでしょうがないっちゃしょうがないんですけど。

メガネです。

私はいつもメガネかけていないんですけど。

視力が0.1しかない...。





2008年夏-一人旅4





10m先の標識が霞んで見えます。

そんなんであの暗いトンネルです。

もう地面と壁が一緒に見えてくる。

それに加え道幅が狭い。

デカいトラックとか中央線はみ出てましたからね。

あまり左によると壁と接触しそうですし。

ホントに怖かった。

トンネル出ても恐怖が抜け切れなくて、カーブがうまく曲がれないとか。

ま、それ以外は余裕ですよ。

だってね。

警察いないし、制限速度ないし、車はほぼいない。

もうやりたい放題。

ってもそんなやりたい放題してませんが。

峠以外は高速気分です。

何にもないんですから。

それらを抜けると新潟。

が、新潟と言えど目的地の新潟駅までがクソ遠い。

実際14時ぐらいには新潟着きましたしね。

その新潟に着いても何にもないんですわ。





2008年夏-一人旅2





あるのは稲穂、稲穂、稲穂。

お米さん喜びそうだなぁって思いながら走行。

いつの間にか新潟駅に着いてたんですけど。

ここに来るまで一度も日本海見てねぇ。

ってことで日本海を見に。





2008年夏-一人旅5





能登半島や佐渡島が見れてよかったんですが。

そのあとがね。

ガス欠。

しかも地下トンネルとかくぐらされて...死んだって思いましたよ。

回り見渡しても海しかないんですから。

なんとかリザーブが持ったのでよかったですが。

あれもあれで恐怖だった。

そしてまた新潟駅へ。

何かウマいもの食べよう!と。

が、意外にも何もない。

お土産として名物が売ってましたけど。

食べるものとしてはない。

なんだこれは。

普通にそば屋で食事を済ませたし。

事前の調べが足りなかった。

っとここらへでん冒頭の話へ。

さて、もう寝る!

明日は絶対筋肉痛だ。

それでいて寝不足とか死ぬ。

では、おやすみ。 【“一人旅 第一章 -普通にネカフェを満喫-”の続きを読む】

一人旅 序章 -準備してねぇ-

お盆とかうんこだ。

道は混むわ、バイト先は混むわ。

バイトなんかヒドい。

ファミレスだけあって相当な客足でしたし。

平日とか関係ないですからね。

普段の土日並み、いやそれ以上だった。

あまりの忙しさに店長とか顔が死んでましたし(笑)。



さて、前々から17日から一人旅だ!とか言っていたのにも関わらず普通に更新。

実際にまだ一人旅をしていません。

理由はバイトが入ったからです。



店長「あぁ、お盆のラストはハジけるなぁ。」

バイトの人「ハジけそうですねぇ。」

店長「人数足りないんだよなぁ。」

店長「DIO君日曜入れない?」

DIO「いやぁ、チョット...。」

バイトの人「今日潰れた感じだっただろ?」

DIO「ええ。」

バイトの人「日曜もきっと潰れるから、それで一皮剥けるよ!」

DIO「...。」

店長「これは修行だよ。」

店長「じゃないとジェダイの騎士になれないぞ!パダワン。」

DIO「イエス、マスター!」

店長「じゃあ入れておくから。」



し、しまったー。

まさかここでスターウォーズネタを持ってくるとは。

私がスターウォーズファンと知っていてのことか。

まぁ...元々旅自体がそんなに日数をかけない予定なので。

日が余るならバイトに回そうと考えていたので別にいいんですけどね。

というわけで1日遅れに。

バイクの方ですけど。

一応問題箇所は直ったのですが。

また別の問題が...。

ヘッドライトが上向きの状態になり頗る迷惑。

なぜだか下がらない。





ZEPHYRχ4





15日の海に行く数時間前まで私とシンヤは格闘。

どうしても無理なので諦めることに。

そうさ、夜走らなければいいのさ。

そして日は経ち、何も準備しないまま前日の今日に。

とりあえず起床後、資金を下ろすために近くのスーパーにあるATMへ赴く。

ついでにお昼のマックでも買おうとした瞬間。

ボスから電話が。

どうやら中華をやるらしい。

マックを買ってダッシュで帰宅し、速攻メイポにIN。

狩らないとなると非常に暇が多くなる。

ゲームなのに暇という傍から見れば謎の現象だ。





パラディンLV150-20





こうしてせいぜいボス回り。

ホンテ討伐のための変身クエのついでにやる程度ですけど。

海賊のマスタリーブックをドロップするかもしれないじゃあないかぁ。

そんな夢を抱きながら狩るもののそう簡単には出ない。

っと話がどんどんズレてますが。

中華終了後、そろそろ下調べでもしようかと思ったとき。

今度は「モンカニしよう!」と連合の方から声が。





ページLV42-1





どうやら誰かの子供やら甥だとか。

モンカニとか久しぶりだ。

おかげで最近はめっきり動かさなかったジョバーナもLVUP、LV42になった。

LV42と言えばイカマンクエストができるじゃないか。

斎藤のマント装備として、イカルスのマント(速)は是非ともほしい。

が、このLVを境に一気にダレてしまい。

眠くなったのでお昼寝。

次に起きたのは16時半、バイトに行く1時間前だった。

...一人旅のことまだ何も調べてねぇ。

そう、この時間まで一人旅について何も準備していなかった。

明確な行き先までも!

とりあえず地図を見る。

うーん。

うーん。

うーん。

新潟と仙台行こうかな。

目的地は決まった。

が、なんと地図は関東内限定。

仙台どころか新潟すら載っていない始末。

さすがにヤバいと思ったのでネットから印刷したところ、ここで時間切れ。

バイトの時間だ。

バイト終了後、いつになく雑談などをしていたため、時刻は23時過ぎ。

家に帰って風呂に入ったら23時半だった。

マズい、まだ行き先とルートしか決めていない。

どーしよ。

どーしよ。

どーしよ。

とりあえずメイポにIN。

朱雀さんとかに聞こう。





パラディンLV150-21





斎藤「何か」

斎藤「絶対必要なものってありますか」

朱雀(直球マリモ)「ん」

朱雀「人生に?」

凛「ツーリングにかw」

凛「w」

凛「足りないものばっかりだ・・斎藤には」

朱雀「愛と勇気と少しのお金」





あんまり持っていくものはなさそうだ。

寝場所はネカフェがかなり有効らしい。

枕貸してくれるとかシャワーあるとか。

ホテルもどきか!

そして、ありがたいことにボスがサポート(連絡すればネットで調べてもらえる)してくれるとのこと。

何かあったらまずボスに電話だ。





パラディンLV150-22





そうして今に至るわけですが。

結局準備してねぇ。

もう2時半じゃないか。

更新している場合じゃない(笑)。

急いで準備だ。

ついに明日出発。

一応ネカフェから更新する予定です。 【“一人旅 序章 -準備してねぇ-”の続きを読む】

スキル習得クエスト⑥ヒーローインテンション

昨日の海でよく焼けた。

全身真っ黒で風呂が苦痛です。





今日は予定通り久しぶりのメイポ記事。

内容は題名の通りです。

っと、その前に。

今さっき公式サイトを見てみるとですね。



日ごろは『メイプルストーリー』をご愛顧いただきありがとうございます。

新職業・海賊実装を記念して、8月14日~8月20日の期間、
下記の日程でモンスター襲撃イベントを開催いたします。

 8月14日(木) なつめ、ぷらむ、つばき
 8月18日(月) さくら、けやき、ぽぷら
 8月19日(火) くぬぎ、すもも、あんず
 8月20日(水) かえで、もみじ、かりん

実施時間 : 16:00~17:00
実施チャンネル : 各ワールド 8chにて開催

内容:上記時間に、指定チャンネルでモンスターが大量発生いたします。
※高レベルのモンスターが突然現れることがあるのでご注意ください。
多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

これからも『メイプルストーリー』をよろしくお願いいたします。



とか発見。

こ、コイツは...。

今現在サクチケのない私にはとてもイイ刺激。

なのですが。

その日は一人旅というオチ。

夜ならまだしも16時からって早いだろ。

いつもなら20時とかだろーがー。

今までにもイベントに参加したことはありますが。

LVが低い上にPCが弱かった。

ゆえにとてつもないラグの後に写る画面は墓。

そしてリログインのループ。

フザケロ!

って感じでしたが。

今は違う!

LVも150になり、PCの性能もホンテに耐えられるほどだ。

なのに。なのに何でそのタイミング(イベント開催が)なんだよぉー。

ヤロウ...。





さて、ここからが本題。

ホンテ討伐参加に伴ってボスから出た課題があった。

インテンションを習得しろと!

インテンションとはヒーローインテンションのことであり。

効果は、特定の状態異常を解消する。レベルが上がるにつれて、解除できる状態異常の種類が増加する。

が、実際にはマスターLVが1であり。

効果は、誘惑状態の解除しかない始末。

どういうことだ。

説明文と全く違うじゃないか(笑)。

さらには再使用待機時間が10分というダメ押し。

もちろん普段の狩りでは全く使えません。

今現在の仕様ではホンテとレヴィアタンぐらいにしか使いません。使用場面は後述。

そのくせ習得方法がめんどくさい。

まずリプレの村長タタモから海の魔女カルタに会いに行けと言われるのでアクアロードへ。

カルタに会いに行くとこんなことを言われる。



カルタ「ヒーローインテンション?次元の歪みにバラして捨てた。」

カルタ「拾ってきたらインテンション使えるようにしてやる。」



おおよそこんな感じ。

で、取りに行くわけです。

その数40個。制限時間は5分。

が、1PTまでなら関係ない人も入れるのでボスを始めとしたちょんぱギル員に手伝ってもらうことに。

これだけならね、余裕なんですけど。

そこに入るのにワルメンボウのミニチュア(ETC)を要求されます。

それも1個じゃ足りない。

何回か入らないといけないので何個も必要に。

もちろんワルメンボウがそんなすぐに沸くはずもない。

結果的にギル員から貰うことに。

0個からスタートして終わったのが3回目の1分経過したとこぐらい。



凛「おばQ探さないとね」

ナスリィ「グリフォンかw」



どうやらまだ終わりではないらしい。

欠片を渡したら、今度は風来坊錬金術師に会いに行けと言われる。

そこで要求されるのが、グリフォンから出る腕輪(クエストETC)とミスリル10個。

正直グリフォンは別にいいと思った。

だが!ミスリル10個必要だと?


フザケロ!


今ではミスリルは貴重な資源だ。

何せ、ホンテ討伐に行くには生命の洞窟に入らなければならない。

その生命の洞窟に入るには様々なETCが要求される。

その中の1つにミスリルが含まれているのだ。

結果的にミスリルの価値は高騰。

今では1個当たり5Mは下らない。

そんな貴重なミスリルを10個だと?

それだけで50Mじゃないか!

鋼鉄じゃダメなのか?

鋼鉄なら原石だけで300個以上あるぞ!



風来坊錬金術師「ダメ。」



...



なんとか倉庫にある分とフリマ入り口で必死に叫んだ結果ミスリル10個を集めることに成功。

その後グリフォンを回りに。

が、倒しても倒しても出ない。

その日は諦め、計5体目でやっと。





ミスリルの腕輪作り





ディ・モールトめんどいクエストだったが。

これでもう終わる。

あとは出来上がった腕輪を持っていくだけだ。

実を言うと、この腕輪を持っていく段階で時間を要したために。

初参加のときに遅刻しかけたのだ。

何はともあれ。





ヒーローインテンション





習得。

スキルブックではないというとこが乙である。




使用方法について。

使う場面は初参加のときにちょっぴり説明しましたが。

要はホーンテイルの尻尾に当たりそうになったら使う。

しかしね、そんなにうまく使えるものじゃないんです。

HP1MP1攻撃に加え、ホーンテイルの左腕が握る動作をするとMPが3000取られる。

無論MPがHBありで1500もない私はMP0に。

ヒーローインテンションの発動条件はMP30。

つまり、発動できない状況は大いにある。

が、パラディンには嬉しいことにリラックスというMP回復スキルが存在する。

MAXにした私は10秒間にMP33回復。

ホントに怖い。

尻尾が生存していて、MPが1や0になったあと、誘惑に掛かり、スタンスが発動しなかったときがね。

滅多にないのですが。

そのときはヒーローインテションのスキルボタンを連打。

もう生にしがみつく必死の形相です(笑)。

タイムリミットはホーンテイルの股間あたr...じゃなくて、お腹辺り。

それまでに発動しなければならない。





パラディンLV150-19





一応補足しますが、尻尾で死んだわけじゃありません。見ればわかるけど尻尾死んでますしね。

もっとも、そんな危ない尻尾は最初に遠距離チームが撃破します。

5分も掛かってないでしょう。

怖いのは最初の5分だけです。



にしても、こんだけ取るのに苦労するんだからせめて再使用待機時間なくしてもらいたい。 【“スキル習得クエスト⑥ヒーローインテンション”の続きを読む】

夏休みなのに休む暇が少ない

夏休みなのにかなりの疲労感が。

昨日1泊だけですけど、旅行から帰ってきました。

ギリギリ。

ギリギリ間に合ってよかった。





パラディンLV150-18





このホンテ討伐は21時半から。

向こうを14時半に出たにも関わらず、家に着いたのは21時20分。

7時間近く掛かっている計算。

途中まで無免の私が運転したせいもありますけどね。

行きも行きで8時間掛かりましたし。

さすがお盆というとこでしょうか。

このあといつものように過程を書いてもいいんですが(というか一回書きましたが)。

そうするとあまりにリアルネタが多くなるのでねぇ。

このDIOが思うにリアルネタはたまにだから面白い。はず。

今日は自重します。

と言いながらリアルのこと書いてしまうのですが。

来週に決行する一人旅。

未だに決まっていません。

とりあえず無理しないということで。

半径1000km以内のとこでしょうかね。

もちろん行けるならもっと行きますけど。

とりあえず予定として北にするかなぁ。新潟方面ね。

新潟程度なら下でも1日で行けそうな気がします。

するってーと、最大でも3日か。

6日間連休にしてもらったのに...。

なんだかんだで5日とか掛かるのかな。

バイクで行ったことないので全くもって不明。

これは完全に放浪の旅になりそうですね。

その前に問題が少々。

まず荷物をどうするか。





ZEPHYRχ3





タンダムシートしかない...コンテナとか積めないし。

地図と着替えと簡単工具程度にするか。

てか、未だにバイク直ってないし。

走れなくはないんですけどね。

ヘッドライトを針金で固定しているのがダサい。

それに泊まるとこだ。

ホテル、ライダーハウス、野宿。

あとは漫画喫茶という手もあるか。

これはどうにかなりそうかな。

何かまた適当になってる。

うーん。

やっぱ3日でいいのかもしれないですね。

何より金かかるし。

旅行とかで一向に金が貯まらない。

これじゃあ車の免許もバイクの改造もできないじゃないか。

いっその事中止にするか。

いや、一度行くって行った以上行くしかない。

明日は明日でまた海か。

明後日バイトで、その次の日から一人旅。

考える(準備や予定を立てる)暇がないというオチ。

このあとバイトだし!

今日は短文ですけどこの辺で。

休みたいです。

次回はメイポ記事を予定しています。 【“夏休みなのに休む暇が少ない”の続きを読む】

ブーメランでポージング

ヤロウ共3人で行ってきました。

海にね。

行く前は例年と変わらないと思ってたんですけど。

周りが大学生や社会人になったせいかなのか色々と変わったとこが。

その中で最も変わったのが計画性。

今年に入ってからか、かなり計画性がない。

毎年一人一人何を用意するか分担が決まっている。

例えば私の場合炭です。

今年も例年通りかと思いきやみな用意不十分。

かくいう私も最近になってから計画性がなく。

実際に炭を準備してませんでした。

だからなのか、車なのか。

向こうに着いたのは13時。

出発時間が8時というのもありましたが遅い。

5時間も掛かっている。

お盆だけに渋滞がヒドかったですしね。

いつもなら8時には向こう(神奈川県の真鶴)に着いてるのに。

さらに不運なことに前日の雨により海水が濁っている始末。

てか今、去年の記事を読んでいること前提で書いています。

一応軽く説明すると。

海と言ってもビーチではなく、磯。

軽く潜るわけです。

あわよくば魚介類を捕っちゃったり、そんなとこです。

潜り始めて30分。

試合終了~!

海中はほぼ何も見えない。

3人の撮った行動は...

普通に釣り。

もともとこのメンバーは釣りが本業。

そこから出来たメンバーです。

中でもメンバーの1人であるタカシはマジにプロい。

幼少からやっていますからね。

と言っても潜りメインで来ているので釣り用具は極めて軽装備。

竿は1本だけ。

残るは糸とおもりと釣り針のみ。

エサはもちろん現地調達です。

というかこの釣り道具は本当は去年実用化された”泳ぎ釣り”のためでしたしね。

※泳ぎ釣りとは字の通り、泳ぎながら釣りをすること。魚をピンポイントで狙える利点がある。

が、そんな泳ぎ釣りもこんなコンデションが不可能なので。

普通に釣り。

黙々と釣ることに。

入れた瞬間アタリは来るんですよ。

ただ、なかなか掛からない。

そんなときにタカシが。



タカシ「...釣れた。」

DIO「おー。」

シンヤ「どれどれ。」

DIO・シンヤ「...。」











きたまくら





シンヤ「このアタリ全部コイツなんじゃねぇの?」



きたまくらと呼ばれるフグの一種。

食べる価値も無い外道。

今回(というか大抵)狙っているのは根魚であるカサゴやメバル。

コイツらには興味ない。



DIO「今日のお昼ご飯ねぇぇぇえええええ~!」

タカシ「だな。」



14時過ぎだというのに昼ご飯は食べていない状態。

むしろ朝から食べていない。

ずっと潜りだったら間違えなく死んでいたとこだ。

いつもなら最低限の食料であるトウモロコシも今回は買っていない。

自分で手に入れるしかないのだ。

魚を釣って!

そんな願いが叶ったのか。



DIO「うおおおおおおおおおお!」

シンヤ「何だ?」

タカシ「!?」

DIO「釣れた。」

タカシ「おー。」

シンヤ「何が?」










ベラ





タカシ「ベラかよ。」

シンヤ「ここのアタリ絶対コイツらだ。」





またしても外道。

でもこのベラ。

気持ち悪い色合いですけどおいしいらしいです。

食べる気はありませんけどね。

その後も3人は他に何か別のがいる!と信じ奮闘するが。

釣れるのはベラ、ベラ、ベラ。





DIO「試合終了です!」

シンヤ「まだだ。あそこにいるのは絶対マグロだ。」

DIO「...。」

タカシ「おし、そのマグロ釣るぞ(笑)。」



30分後。



シンヤ「ベラ釣れた。」

シンヤ「帰るか。」

タカシ「あぁ、帰ろう。」

DIO「はやっ!」



人生初だ。

真鶴で収穫が何もなかったのは。

これだけじゃなんなので、恒例の写真撮影。



DIO「オレ撮ってくれ、オレ。」

タカシ「あぁ、撮っておかないとダメだな。その格好は(笑)。」



今日はそういう気分だったのでそういう格好。

周りにはコイツらしかいないのでね。

お見せしよう。

私のスーパーセクシーショットを!






























自分2
※いつもはブーメランパンツではありません。





華麗にジョジョ立ち。ジョジョ立ちが何か知らない人は”現代用語の基礎知識”を引けばわかる(普通にネットでいいんですけどね)。

このあとも3人で何枚か撮影し。

帰る。

時刻は16時過ぎだが未だにおかし以外に何も食べていない...。

地元に戻って食べようという話しにもなりましたが。

そこまで持たずにザービスエリアで食事。

マジに何も捕れなかった。

正確には小さいサザエが捕れたんですけど、小さいのでリリース。

まぁ、15日になったらまたどっか行くし。

その時に賭けるか。

それより明日だ。

いや、日付変わってるから今日か。

今度は泊まりで旅行です。

朝早いし...夏休みなのに何だこのハードスケジュールは(笑)。

というか準備一切してねぇ。

正直言うとですね。

この旅行はあんまり乗り気じゃないんです。

当初は何故だかよく遊ぶようになった保育園メンバーでの旅行だったのですが。

ドタキャンやらで実際に行くことになったのが私とタカシとタカシの彼女と女1人...。

私とタカシと女1人は中学校も一緒だけど、タカシの彼女は全く関係ない。

もはや保育園関係ねぇじゃねぇか。

タカシのデートにオプション(オレと女1人)が付いてるような気がしてしょうがない。

いやね。

もう1人の女が私好みのかわい子ちゃんなら何も問題ないのですが。

まるで興味が無い。

そんな旅行にわずかな貯金しかない金を出さないといけないとは...。

ドタキャンしようにもこの空気じゃできないだろ。

ったく、みんなが行くというから行くって行ったのによォー。

今回は行くといった手前しょうがない。

きっと次はないだろうが、次あったら断る。

ま、楽しめるだけ楽しもう。

...てか、これ前も同じ状況があった気がする。 【“ブーメランでポージング”の続きを読む】

微少改装

夏休み2日目。グータラの日々です。

何にもしてない。

こんなグータラなのは久しぶり。

とりあえずグータラに限る。

明日からは旅行の嵐。

ヤロウ共と海に行き、泊まりで伊豆に行き、ヤロウ共と海に行き。それ以外の日はバイト。

その次は一人旅を決行。

すぐにグータラできるのはこの2日だけなんです。

グータラと言っても。

正確に言えば、ずっと寝ながら音楽を聴いて、バイトの時間になったら家を出る。

不思議なことに1日中音楽を聴いていても飽きない。

というのも聴くのは洋楽だけ。

歌詞カード見ながら和訳や発音の仕方を聴いてるのでねぇ。

理解するのに時間がかかるので飽きないんでしょう。

ま、そんなことは置いておいて。

ここのところブログ更新率が低かったのでパソコンの電源を入れる。

ネタがまだあるので忘れないうちに更新せねば。

今日は以前から考えていたチョットしたコンテンツ的なものを作成。

いつも書いていて思うんですよ。

「この単語(特に固有名詞)とか始めて見た人がわかるんだろうか?」って。

これは自分で書いているときだけじゃないんです。

習慣的に見ている友ブログとかでも。

「この固有名詞知らねぇからわからねぇ!」って。

このブログのコンセプトは、誰が見ても面白いって思えるブログなわけで。

意味のわからない言葉が出ていたら面白味が削がれてしまう。

というわけでできたのが。

個人的簡単辞書。

名の通り、個人的で簡単な辞書です。

1つは本格的にサイトとして作ろうと思ったのですが。

めんどくせぇ。

1つの記事にすることにしました。

それがコチラ

作ったばかりなのでほとんど用語はありません。

いざ作ろうって思ってもあまり思いつかないので...。

とりあえずすぐ思いつく単語だけです。

これから記事を書くたびに思いつき次第追加していきます。

追加条件としては、



・あまり世間に知られていない

・使用頻度が高い



ぐらいですかね。

もちろん、読者からの要望があれば追加します。

まぁ、作ったら作ったで問題が出てきてですね。

メイポとリアルがごっちゃになっちゃうと見にくいかなって...。

これ、どうなんですかねぇ。

やはり別々にするべきか。

今は数が少ないのでしていませんが。

これから数が増えていったら非常に見くい気も(そこから区別するのもめんどいし)。

ま、今はいいか。

...あぁ、また問題発生だ。

メイポ用語はどうしようか。

例えばSDTとかMPKとか。

他で調べてくれって気もするけど使ってるし。

これらならみなさん知ってるでしょうけど、もっとローカルな言葉が出てきたらねぇ。

うーん、迷う。

読者に任せるか。

特に要望がなければつくりません。



これを機にですね。

チョットだけリンク集のとこを変更です。

見ていただけるとわかりますが、見やすくなってるはず。

今までどれがどういう人のブログなのかさっぱりでしたからね。

ついでに残念ですが。

今後更新が望めないであろうブログは除きました。

判断材料はその人の更新ペースから見てです。

消したのはどれも理由なしに2ヶ月以上更新されていない、且つ連絡が取れないブログです。

少ないリンクの中からまた消えて、さらに少なくなってしまいましたが。

ちゃっかりリンク追加しているのであまり変わっていないと思います。

もっとも私自身がリンクに関してあまり積極的でないので増えないんですけどね。

もちろんリンクの申請があれば大抵は受け付けますのでコメントにでもどうぞ。

最近追加したおススメブログがお米大好きの稲穂計画

短文にも関わらず、豊富なSSとその加工、書き方などが私のツボです。





パラディンLV150-17





ちなみにくびちょんぱのマスターのブログ。





今日の活動はこんなとこなのでこれぐらいにしておこうと思うんですけど。

以前撮った動画がまだあるんです...。

また動画か!

ってつっこまれそうですけど。

撮るチャンスが今やなかなかないのでね。

それはギルドでのジャクム動画です。

先月はキャンペーンによりジャクムが1~5CHまで開放。

ちょんぱでは週4日×2回の討伐ペースでした。

そのうちの1回をちゃっかりとね。

が、PCを再起しないとたまにジャクム戦で落ちることがあるMyPC。

撮影する直前まで休めていたにも関わらず。

いざ撮影ソフトを起動するとクソ重い。

結果的に動画でもハッキリとラグがわかります。

撮り直し決定だ、コレは。

かといって現状ではこれが最高。

このPCもそこそこ古くなってきたので、PCを買い換えないと無理でしょうね。

今はとりあえずコレで。











使用曲:Livin' la Vida Loca アーティスト:Ricky Martin



討伐時間はいつも平均して25分ぐらい。

立ち回りについて。

画面左腕を下から2本ずつ撃破。

その後右腕4本撃破後、残る左腕2本を攻撃。

最後に本体です。

本体の一番最後、つまり3ゲージ目のラストはザクチケ所有者のみの攻撃。

もちろんそんなPにつぎ込む気のない私は持っていませんので。

暇。

見ての通り、ぶらぶらしてます。 【“微少改装”の続きを読む】

辞書

兄貴(誠)[あにき]…メイポ内での”ボス(凛)”のパートナー。LV200達成者であり、基本無愛想。に見えるがたまに想像できない発言をする。



アバッキオ[あばっきお]…2008年2月作成。今ではナイトロードになり、李初のメインキャラクターでもある。



お兄ちゃん[おにいちゃん]…お兄ちゃんとはあだ名であり、実の兄ではない。ZXR乗りで、プログラマー。かなりユーモアのある人で面白い。ちなみに高専卒。



くびちょんぱ[くびちょんぱ]…私が所属するギルド。ギルド員の大半が社会人であり、LV200達成者が数多く所属する。



久保[くぼ]…ブログを始めたのは久保がきっかけ。口だけは達者だが中途半端なヤロウ。悪いヤツではない。



将軍[しょうぐん]…くびちょんぱギルド員の1人で、ギルド内に少ない超高LVボウマスター。S気が多々あるものの、実際は優しい人。



シン[しん]…リア友。マジメな社会人だがチョット変なとこがある。ミチヒロ並みにツルむ。



ミチヒロ[みちひろ]…リア友。あだ名はミッチー。金持ちでいい加減なやつ。が最も仲がいい。



ディ・モールト[でぃ・もーると]…イタリア語で”非常に”の意。



火の玉君[ひのたまくん]…愛車のZEPHYRχの名前。



ヒロミツさん[ひろみつさん]…火の玉君を購入した店でバイクについてはかなりお世話になっている。



ベネ[べね]…イタリア語で”良し”の意。



ベリッシモ[べりっしも]…イタリア語で”かなり”の意。



ボス(凛)[ぼす]…チョットしたことから知り合いになったLV200達成者。この人の推薦によってギルド”くびちょんぱ”に加入。私自身よく一緒にいる。



まぐっこ[まぐっこ]…くびちょんぱのマスター。ギルド内のムードメーカーであると共に誤変換やキーの打ち間違いが異常に多い。が、それはわざとらしい。



メタルギアソリッド[めたるぎあそりっど]…オフラインゲームの1つ。個人的に史上最高のゲーム。



GTA[じーてぃーえー]…グランド・セフト・オートの略。洋ゲーで、意味は自動車窃盗罪。



MGS[えむじーえす]…名作ゲームであるメタルギアソリッドの略。



~ぬ[~ぬ]…打消しの助動詞。本ブログでは特殊な使い方をする。例えば、本来は固定的な意味の「ある」という言葉に「~ぬ」が追加されると、否定的な意味になる。「”ある”+”~ぬ”」→「あぬ(ない)」。

夏休み到来

いやぁ~。

更新する暇ありませんでしたね。

英語以外全て勉強したし。別に英語を捨ててるわけじゃありません。

でも勉強ばっかりだとヘドが出るのでハーフタイムで。





パラディンLV150-15





中華やホンテ討伐に参加。

あくまでこれは暇じゃなくハーフタイムです。

先日のホンテ討伐なんかは前PTが遅れたために開始時間が2時間遅れ。

この時点で試験の山は越えていたのでそんなに勉強することもないんですけど油断は禁物。

合間合間に勉強です。

その遅れたホンテなんかは1時間チョイで討伐。

予想以上に早かったので(最短討伐時間とのこと)、勉強に取り掛かろうと。

思ったのですが。

夜中は無理だ、眠気でやる気が全くない。

というかですね。

そんな状態で勉強しても頭に入るわけがない。

無駄です、無駄。

おかげでハーフタイムの方が長くなりましたけど(笑)。

山を越えたからこんなことできるわけで。

その山はマジにヤバい。

学年平均点は50点以下とみた。

私程度だと30点がいいとこでしょう。

コレ120点満点でですよ...。

ついに単位落とすのか。

が、ですね。

私の学校はもうじき消えます。

つまり私の学年が最後の代なんですよ。

さらに言うと留年という概念はない。

進級不可能の場合は転学となるのですが。

最後の代だけに誰も落としたくないとクラス担任らは思っているそうで。

担任がその山である教科の担当教員に頼み込み。

課題が出現!

前代未聞だそうです。その教科で課題なんて出たのは。

ありがたい!

今年は進級がかなり不安な私ですが希望が出てきた。

100点が狙えそうな教科もありますけど、明らか死亡教科の方が多い。

後期は勉強しよう。

いや、ここだけの話ですね。

授業ほとんど聞いてないんですよ...寝てたりで。

さすがに試験前は気合で起きて理解しようとしてましたけど。

もっとも、その山の教科は授業中に理解するってことが不可能に近いんですけどね。

ま、試験も終わりましたし。

明日から夏休みです。

夏休みの予定はですね。

大雑把に言うと、

海、海、海、海、旅、旅、旅、旅、旅、旅、狩り、狩り...

です。

早速も来週の月曜から例年通り、ヤロウ共と海。

その週は海ばっか。泊まりでも。

残念ながらメイポはしばらくお休みタイムに入ります。

お休みっても全くINしないわけじゃないんですけど。

やっぱねぇ。





パラディンLV150-16





狩らないとダメだわ。

マジメに。

何もすることがないってのはかなりイタいわけで。

チャットとか楽しいんですけど、ずっとやるわけではない。

クエストやるっていう手もあるのですが。

さすがにこのLVでクエストをやる意味が報酬以外にない。

LVに合ったクエストをやる!

アバッキオ育成で学んだことです。

LVが合ったクエスト何かはやるだけで見る見るうちに経験値が貯まっていく。

そして、いつの間にかLVUPという形が望ましいんですが。

斎藤がクエスト100個やったとこで経験値10%も貯まるわけがない。

次のLVに必要な経験値が147Mですよ?

無理無理。

その次に報酬目当てとなるわけですが。

昔の斎藤は金、金、金、金で。

金になるクエストだけほぼやっている始末。新しいクエストはやってないですけどね。

今更クエストをやるってのは気分的になかなか難しい。

そりゃ気が向いたらやりますけど。

そんなんじゃやらなさそうだ...。

そういうわけでお休みなんです。

中華やホンテ討伐などにはちゃっかり出ますがね。

要は試験期間中と同じ状態ってことです。 【“夏休み到来”の続きを読む】

女王様万歳

ついに試験突入。

勉強も私なりにしており初日の難関である物理もなんなくいけるだろう。

と思ってましたが。

やはり難しい。

去年の4年生らの半分は物理を落としたとか。

今まで高得点しか取ったことしかなかった私でも前回49点。

答えだけ答えればいい仕様のためか、部分点が一切出ない。

それにより点数の差が激しくなります。

試験で何より納得がいかなかったのが。

「重量Mの物体が角度θの傾斜を上昇しています。この物体に働くx軸方向の力を求めなさい。」

って、なんで物体が上昇していくんだよ(笑)。

普通斜面に物置いたら下降していくだろーがー。

不自然でしょうがない。

やっべ、こんなこと言っている場合じゃなかった。

明日がヤバいんだ。

明日の2教科が!

この2つの教科がヤバいのは私だけじゃありません。

上位のヤツらを除いたほぼ全員が危ないのです。

この2つの教科が全教科で最もヤバい。

つまり明日が山と言っても過言ではない。

てか、ブログ更新している場合じゃないんです(笑)。

なのにしている...。

いやぁ、そのうちの1教科の勉強はしたんですけど。

それだけでいっぱいいっぱいというか。

もう勉強したくねぇというか。

だからってこのまま勉強しないと単位に響く。

勉強していないもう1つの教科は前期だけですからねぇ。

この試験がラストなわけです。

マズい。もう23時じゃないか。

今日は悪いですけどこの辺で執筆を終えます。

だからと言ってこれで終わるのもあれなんで。

用意しておきました。

狩り動画を!

あとはこれでも見てください。

え?時間ないのになんで動画あるのかって?

っふ。こうなることを予想してだな。

事前に撮っておいたのよだよ。

そのため顔や髪型、LVまでもチョット前のですがね。

さらに今日は2本立て。

1つにまとめてもよかったんですけどねぇ。

残された龍の巣のソロ狩りが1つ。

こちらはLV147のとき撮ったもの。











使用曲:Back In The USSR アーティスト:The Beatls



ちゃっかり時給計測してたりしてます。

LV147で...



・経験値効率 12.7M(サクチケ有り)



さすが現時点最高効率狩り場。

ビショップの時給20M越えは一生ソロじゃ無理でしょうけど。



そしてもう1つの動画。

PT狩りです。

同じ残された龍の巣でです。

協力者はボス(ビショップ)。

私のLVが148に対してボスがLV170。

チョット差はありますけど、誤差範囲としてください(笑)。











使用曲:God Save The Queen アーティスト:Sex Pistols



正確な時給は計っていませんが時給25Mはいっているはず。

倍のスピードなんですから、ソロのときと。

しかもだ。

ボスは骨龍ごとき1発で葬り去る。

骨龍相手だと2発が普通ですからねぇ。

2発打つとこが1発となると単純計算で倍の狩りスピード。もっとも沸く時間とかが影響するので効率が倍にはなりませんけどね。

でもまぁ、実際にボスと一緒に狩ることはあんまりないです。

さて、これから勉強せねばならないので以上。

最後に豆知識。

今回も曲にSex Pistolsを使用していますが。

そのSex Pistolsは、もう1つの動画(ソロ狩りヴァージョン)の使用曲のアーティストであるThe Beatlsが大嫌い。 【“女王様万歳”の続きを読む】

バイクで海に行こう!

バトンが回ったとの報告を数日前に受け。

遅れながら今日消化!







罰ゲームバトン

・回された人は3日以内に答えること。

・嘘偽りなく答えること。

・アンカー禁止。

・回した人がルールを守ってるか確認に回ること。

・守っていない場合は罰ゲームを考えてやらせること。

  罰ゲーム:リア写真公開

■まずバトンを回す人を5人答えて下さい。

 アザーさんに山田さんにwatiさん。

 5人らしいが3人だ、3人がちょうどいい。

■貴方の名前は?
 
 今日はDIOで。

■年はいくつ?

 18歳

■好きなものゎなに?

 愛車の火の玉君

■恋人はいる?

 いない

■好きなタイプは?

 近距離パワー型スタンド

■嫌いなタイプは?

 自動追跡型スタンド

■貴方の好きな漫画・ゲーム・小説・映像は?

 漫画…るろ剣と見せかけて、ジョジョ
 ゲーム…MGS
 小説…ダレン・シャン
 映像…EMINEMのJust Lose It、Michael JacksonのBeat It

■好きな音楽は?

 上げたらキリがないぞ!

 なので最近のマイブームだけ。

 Sex pistols

■貴方の心の色は?

 黄金

■最後に貴方が回す人の色のイメージカラーをつけてください。

  アザーさん…赤
  山田さん…緑
  watiさん…青


この罰ゲームバトンとやら。

ここでいう罰ゲームは過去にスデにやっているので、もはや罰ゲームでもなんでもない(笑)。

このバトンは何回目かわかりませんが。

回数を重ねれば同じ質問がカブってくるのは必然。

書く方も読む方も毎度同じ回答は飽きるでしょう...。

今後の希望としては、もっと奇抜なバトンがほしいです。

と思っていたら。

別の人からまたバトンきた(笑)。

バトンでの質問の回答して、それだけを下書きにしていたため起こる現象です。







①回す人を5人以上決めてください。

まなさらさんに久保。

あと出張で忙しそうなお米さん。

5人らしいが3人だ、3人がちょうどいい。

②貴方は最近リアで何をしていますか?

学校だ。

それ以外はのんびりしてる。

ここのところ秒単位のスケジュールだったために疲れが半端ない。

というか明後日から試験なので勉強だ。

③貴方のリアでの特技は何ですか?

バイクで車と車の間をすり抜け。

④貴方はリアでは職業は何ですか?

学生

⑤貴方はリアで暇だと何をしますか?

逆に聞くがリア以外の暇ってなんだ(笑)。

一応答えると、寝るか、どこか行く。

⑥もしこの世界が崩壊するとしたらどうしますか?

どうしようもないです。

⑦今貴方の財布の中身を教えてください

4469円だ。

⑧貴方の趣味は何ですか?

バイクに乗る。

⑨貴方のリアでの好きなことは何ですか?

だからリアじゃない好きなことってなんだ(笑)。

というか⑧の質問と似たようなことを2度聞くな。⑧と一緒だ。

⑩貴方の長所と短所を述べてください。

長所は、目標があればやる気が出まくる、持続する。

短所は、目標がないとやる気がまるでない。

⑪①で答えた人の特徴をお願いします。

お米さん…ちょんぱのギルマス。結婚もしている社会人だけど頗る面白い人、お米さんが絡まると何もかも笑いに変わります。

まなさらさん…元はボスの知り合いで、その後に狩り友として友録を結ぶ関係になった。

久保…オタク。

⑫さーてここからが本題ですよ~w

okです。

⑬リアで遊ぶ場所は何処ですか?

巣鴨にある居酒屋とかお台場。

というか毎回決まった場所で遊ぶことはほとんどない。

⑭リアでの生活に満足していますか?

将来を考えること以外には満足しています。

⑮リアでのお金はどういうところに使ってますか?

バイクの修理・改造費。

⑯リアで起きてるのが一番辛いなーって思うときはいつですか?

朝だ、朝。

⑰貴方はリアでどういう職についてますか?(つきたいですか?

どの職に就きたいかディ・モールト悩んでいる。

⑱貴方の友人で金持ちはいますか?

タカシ。

⑲次でラストです、今の気分は?

質問がリアリアうるせーぞ。

⑳今。親に感謝していますか?

してい...る!


やはり質問がカブる。

しょうがないか!





一昨日の金曜は補講日だったんですけど。

その補講が珍しく指名式で、私の名前はありませんでした。

つまりこの金・土・日は3連休に等しい。

なので1週間前から金曜は、後に行う一人旅の予行を兼ねてバイクで海にで行こうと計画。





ZEPHYRχ3





前回事故った際に、フェンダー、マフラー、ウィンカーを変更。

個人的にはZⅡを意識した(マフラー、ウィンカーもだけど)メッキフェンダーがかっこよさすぎる。

さて、誰かを誘うにも学校のヤツらは勉強だろう。

というかバイクの免許を持っているヤツなんか一人たりともいない。

そう考えると学校のヤツら以外も無理だろう。普通にその友達と海に行く日あるし。

勉強は日曜すれば十分なので金曜に遊んでもなんら問題無い!はず。

けど補講があるかないかは前日の木曜に決まったので、絶対行けるというわけじゃなかった。

準備なんて何1つしていない。

地図さえあればいいだろう的な考えでしたから。

朝8時に起床し、まずはガソリンを満タンにガソリンスタンドへ。

半袖半ズボンにサンダルという格好。

とてもバイク乗りのする格好じゃないが、暑いのでこの格好。

地元のガソリンスタンドは普通に安い。

今や高いところで200円するとかしないとか、なのにここは171円だ。

さらに割引券を使って169円、素晴らしい。

もうセルフスタンドは慣れたもん。

なのだが。

出したと思っていたサイドスタンドがちゃんと出されておらず。

ゆっくりとバイクは倒れていく。

私の場合バイクから降りる前にスタンドを出す癖があるのでね...。

ゆっくり倒れていくのは私が跨っていたからで。

当然倒れきるのを全力で阻止する。

るぉぉぉおおおおおおおおおお!

ズン!

さすがに400キロの重量を持つ車体をあの体制で阻止するのは無理だった。

しかしながら無駄だったわけでもない。

阻止しようとしたおかげで傷はほとんど付かなかった。

けど初めて立ちコケしたのにはショックだった。これが初めてだけに。

初っ端からコケた。直感だが先が不安だ。

やはりこの格好はマズい。

一度家に帰りジーパンとスニーカーに履き替えよう。

サンダルとか下手したら吹っ飛びそうでしたし。

目的地はボスが勧める神奈川県の葉山方面にある長者ヶ崎とか言う場所。

城ヶ崎の間違いじゃないの?と疑問でしたが。

実際に地図を見ると確かにあります。

高速使うのが1番いいんですけど、なるべく金は掛けたくないのでねぇ。

以前のツーリングで保土ヶ谷らへんの高速道路がクソ安かったような。

曖昧な記憶を元に調べてみると発見。

どうやら玉川から出てる第三京浜というやつだ。

なぜかこれ他の高速道路の半額ぐらい安いんです(笑)。

無事にその第三京浜にも乗れて頗る順調。

保土ヶ谷で降りてあとは下で行こう。

が、降り方がわからない。

料金所を通過したあとに道が分かれているとか...どっちだよ。

やはり適当過ぎたか。

む?あれは出口か?

このあとの高速料金は普通に高いのでもう降りたい。

すぐさま左斜線へ斜線変更。

おお、出口っぽいな。

よし、降りよう!

...え?

ちょ...何これ!?

なんで出口が急カーブなんだよ!

聞いてねぇぞ。

無理だ、絶対無理だ。

こんなん曲がり切れるわけがない。

この出口に気が付いたのは100m前。

そのときの時速は80キロを優に越えていた。

るぉぉぉおおおおおおおおおお!

ガッガッガッガッガッガッガッガッガッガッ!

ズン。



...



...



とりあえず危ないから退けよう。

あ~、また金かかるじゃねぇか。

ヘッドライトステー大破にウィンカー破損。

さらにはあのメッキフェンダーにもヒビが...一番ショックだ。

不幸中の幸いかメーターやタンクは無事だった。

自力でやれば5000円くらいか。

自分でも疑問だけど、どうやったらヘッドライトステー大破になるんだ...。

にしてももし半ズボン、サンダルで着ていたら危なかった。

ジーンズの上からでも普通に怪我している点から生のままだったら大怪我だったかもしれない。

もうどっかで休みてぇ。

いや、まだだ。

休むのは海に着いてからだ。

って、ここはどこだ。

地図を見ると、とりあえず国道1号線を探せばいいらしい。

今の車なんかだとナビが付いてるのがほとんど。

それに比べバイクにはそんなものはほぼ付いていない。

地図しかないのだ。男は地図だ。

難なく1号線を見つけたのですが、向かってる方向が逆方向ということに10分経って気づく。

その後1号線を外れ、別の道で行くのですがまたしても逆方向。

これがバイクに乗っていて唯一ストレスが溜まるとき。

時間と体力とガソリンの無駄。

この3連コンボはマジにイタい。

ほどなくして鎌倉、そして海岸沿いへ。

海岸沿いを走るのはもう最高です。

色々あったがやはりバイクはいい。

あの事故さえなければ文句なしだったんだけどなぁ。

すぐに葉山に着き、路上駐車できるとこを探す。

この時期だからか駐車場料金が高い。

1500円とか2000円とか払っていられるか。

探すのに夢中で、気づけばもうすぐ城ヶ崎。

三浦半島の先端まで来てしまった。

路駐できる場所ねぇぇぇ。

引き返しながら再び駐車できるとこを探す。

あれだ、もう海辺の近くに停めよう。

そんなわけで国道を外れ小道へ。

が、やはり停めれるわけがなかった。

隣に駐車場あるし...。

ほら、普通自動車は1500円だとよ。

バイク1つでこれは高い。

再び国道へ戻ろうとUターンした次の瞬間。

砂によってタイヤが滑る。

そのまま横転。

フザケロ!

今度は地面が砂だっただけにバイクに傷や凹みなどは一切付かなかったが。

ヘッドライトステーが完全に大破。

実は高速道路では完全に大破したわけではなく、ギリギリ繋がっていたのですが。

今のチョットした衝撃で完全に折れた。

ヘッドライトが電線によりなんとか繋がっている状態だけで、まるで役に立たない。

ライトが真下に向いているわけですから。

帰りにコンビニ行ってガムテープ買うか。

これにより長距離でかけるときは針金とかガムテープ、工具はこれからは必要だということをよく学んだ。

再び国道に出て、地図で場所確認をしようと一旦停車。

そこでふと目の前に視線をやると驚くべき光景を目にする。

看板があったのですが、それが...



駐車料金

普通自動車…1500円

バイク…100円



( ゚д゚)ポカーン

待て待て。

きっと文字が消えていて、実は1100円とかなんだろ?

バイクを降りて、もっと近づいて見て見ると...

正真正銘の100円だった。

何ィィィイイイイイイイイイイ~!

さっきたまたま見た駐車場、あそこのことか!

その駐車場に入ってみると。



駐車場のおじさんA「はい、100円ね~。」



うは、幸運。

というかどこの駐車場もそうなのだろうか?

ネットで調べてみても車での料金でしか書いていなのでわからない。

まぁ、いい。



駐車場のおじさんB「あれ?ウィンカー取れちゃったの?」

DIO「ええ、まぁ...テープとかないですかね?」

駐車場のおじさんA「あ~、ちょうど今ないんだよ。」

駐車場のおじさんC「もうチョイで来るってよ。」

DIO「じゃあ帰るときにでもお願いできますか?」

駐車場のおじさんA「とりあえずこれで補強しとけ。」



と言ってセロテープを受けとる。

ウィンカーならまだしもさすがにヘッドライトは無理だ。

後に事情を説明し、ありがたいことに針金を拝借することに。

見知らぬガキにこんなに親切だとは...助かった。

そのまま海へ。

む?ココは...

ボスの言っていた長者ヶ崎じゃないか。

なんという偶然。

水は比較的綺麗だし、人も少ない。

早速入ろうか!

その前に荷物をどうにかしなくては。

...

周囲にロッカーが見当たらない。

そこに手を招くおばさん。

ック、海の家しかねぇのか。

どこの海の家も最低は1000円を取る。

高速をケチり、駐車場料金をケチってきた私がここで払うだと?



DIO「じゃあこれ、お願いします。」



さすがにそこらへんに置いておくのはできなかった。

シャワー代も含まれているし、1000円程度だろ?



おばさん「1500円ね。」



フザケロ!


ボッタクリじゃないか。

しかしお願いしますと言った以上、やめておきますなど言えない。

きっと他の海の家も同じ値段だろうし。

ココに来るまでガソリン代を抜いて300円だ。

今回は多目にみてやる。

早速着替えて海へ。

はぁ、海とか1年ぶりだ。マリンスポーツなどしていないので当たり前だけど...。

やはり傷に沁みる。

軽く泳ぐかな。と、次の瞬間。

うぉぉぉおおおおおおおおおお。

コイツは!コイツはまさか!?

ありえねぇ!

今日は8月の1日だぞ?

まさか、まさか...


オレのそばに近寄るなぁぁぁあああああ~!


激痛を感じた左手にあった、いや、いたのは。

細い糸。

ではなく、クラゲ!

実際はそのとき怪我の部分が沁みているのかと思っていたので、アレがクラゲだとは明確にはわからなかったのですが。

海から上がるときには左手にデカいミミズ腫れ。

なんと2日経った今も触ると痛い。

青森県ではクラゲが大量発生して海水浴場が閉鎖されるぐらい。

地球温暖化が原因とか言うが、今はどうでもいい。

もう疲れた。

寝る!

12時に到着してから4時間、ほとんどの時間は寝て過ごした。

目を覚ますと16時。

あぁ、なんとなくだけど飲みたい気分だ。

今の時間じゃ誰か誘うにも無理か。

あぁ、食べ放題行きてぇ。

学校のヤツと試験勉強するときに行くか。

じゃあ...帰るか。

何しにきたんだ私は(笑)。

一応ブログように写真でも撮ろうと思ったんですけど。

ケータイを持った瞬間電池切れ。

...

そして本当に帰った。

帰りは来た道だし、順調かと思いきや。

保土ヶ谷に着いたのだが保土ヶ谷インターがどこかわからない。

ここらへん一帯は住宅地ばかりなのに高低差が激しすぎる。

ナビさえ、ナビさえあれば...。

い、いかん!男は地図だ。

探すこと30分、発見。

料金は150円。なぜか行きより安い。

ッフ、ツイてるぜ!

と思ったのも束の間。

降りるときにもう200円取られるというオチ。

意味わからねぇ。



その次の日(昨日)、起床すると全身筋肉痛。

泳いだからというわけではなく。

バイクに何時間も乗っていたからです。

前にも書きましたが普段しない姿勢だからか、普段使わない筋肉を使うわけで。

予想通りの全身筋肉痛。

が、思いのほかキツい。

さらに追い討ちを掛けるように、あろうことか花火大会とぶつかるバイトが入っている始末。

意外にも私の時間帯はそんなにオーダーが入らなかったのが唯一の救いでした。

無論、勉強なんてする余裕もありません。

いよいよ明日は試験。

結局勉強するのは今日に。

まぁ、私の場合勉強するだけマシです。 【“バイクで海に行こう!”の続きを読む】

救いのヒーロー斎藤一参上

ネタはあるのに更新する時間がない。

毎度お馴染みの悩みです。

昨日の記事とか3時間かかってます。

ああいう記事は手が止まりやすい。

その場で書くわけですからねぇ。

閃けめけば一気に書くんですが、なかなかそうもいかないもんで。

ま、ネタはあるので試験期間中も普通にメイポネタをお届けできるでしょう。

時間がなかったら無理ですけど...。





3日前の水曜にですね。

LV150になったということもあり。

行って参りました。





パラディンLV150-8





ホーンテイル討伐に!


無論初めてです。

まだLV150なので戦闘員としては役に立たず、囮としての参加ですけどね。

実際は前々から誘われることがしばしばあったので、LV150なったからとか関係なく。

固定討伐の日は、バイトでいけなかったというオチ。



だが、しかし。

ついにこの日がやってきた。

待っておれ、ホーンテイル!

まずは行く準備だ。

行くと決まった日が前日の夜だったので時間がない。

最重要課題はレッドドラゴンから出る、”レッドドラゴンの泣き声 ”だが。

いつか来るであろうこの日に備えて取っておいたのだ。

ハッハッハ、あとは余裕だ。

雑魚モンスターからのクエストETCとかだからな。

次々と集まっていくクエストETC。

あとはグリーンリザードマンから出る短剣1個とワイバーン種から出る鱗10個か。

余裕よ、余裕。

...

その2つを求め、狩ること1時間。


短剣でねぇぇぇえええええ。


鱗を集めるどころではなかった。

短剣が出る頃には夜中の2時に。

今日はダメだ、鱗は明日にしよう。

その翌日は海賊パッチ。

海賊?そんなものはスルーだ!

現在18時。

ホンテ討伐は21時半からなのでまだ時間はある。

今のうちに、ヒーローインテションのクエストが最終段階なのでさっさか終わらせよう。

唯一ヒーローインテションが役に立つのがホンテ。

誘惑解除のためだ!

リプレのボスのレヴィアタンも誘惑を使いますが、アレは操作が逆になるだけらしいのでさほど必要でもない。

よし、インテション習得だ。

時間からして飯食って、風呂入った頃にSDTとみた。

そのときに鱗を集めればok、完璧だ。

...

おっし、鱗集めるか。

21時前か、ちょうどいい。

補充なり、道間違えたり、偶然会った友と話してたりしたら。

21時15分じゃないか!急がねば。

ま、5分で終わるだろうよ。

5分経過。

ッフ、笑えるぜ。

5分経って1個も出ないとはな!

ええ、ホントは涙目です。

集合時間の5分前にはいる。これが社会の常識だ。

唯一例外なのはリア友だけ。

今日は初対面の人が大勢いるから、遅刻なんてできない。

マジにヤバくなってきた!

次の瞬間、1体から2個出たときは歓喜に満ちましたよ。

そのあともボトボト落として3分で10個、さすがこのDIOだ。

そのまま生命の洞窟の入り口へ直行。



斎藤「救いのヒーロー斎藤一参上」

凛「あほ」



みんなの笑いも取り、何から何まで完璧だぜ。



凛「斎藤 攻撃手順読んだか?」

凛「読破した?」



ホンテ討伐専用ブログなるものがあるのですが。

この時点では見に行ったことすらなかった。



斎藤「してないです;」

凛「あほ」

凛「みんなに迷惑かけるんだぞ」



...

さっきまでの調子に乗った態度も一変。

早くもやらかしてしまった。

ヤバい、ヤバいぞ。

失敗したら斎藤のせい。

失敗したら斎藤のせい。

失敗したら斎藤のせい。


うわぁぁぁああああああああああ。










ホンテ討伐申請





うわぁぁぁああああああああああ。





何を考えているんだ。

なんで、なんでよりによって私が討伐隊長なんだ。

只でさえパニクっているというのに。

それに落ちたらどうするんだ。

しかし、とても意見を言える状況じゃない。

ここは黙って従うしかない。



説教されたあとに、ボスはなんだかんだキチンと教えてくれたので助かった。

失敗はできない。

この斎藤!全力で頑張り通す!





パラディンLV150-9





...



...



暇だ、暇すぎる。

斎藤に与えられた任務は”ロープに掴まってろ”。

これほど暇なボス戦は過去にあっただろうか?

いや、ない。

しかし、さすがくびちょんぱを含むホンテ討伐メンバー。

ホーンテイルの体力が異常な速度で減っていく。

早くも3マップ目。

というのもね、最初にホーンテイルの頭と2回戦うのですが。

これらは余興程度で、本番はこれから。

その3マップ目での戦闘がコチラ。





ホ-ンテイル1





な、なんだ!?

この無駄にカッコイイエフェクトは!

次の瞬間。










ホ-ンテイル2





出たな、ショッカー!

じゃない。

出たな、ホーンテイル!

ッフ、この斎藤が来たからにはテメェはもうお終いだぁぁぁあああああ!










パラディンLV150-12





斎藤「(残り時間)11:22斎藤死亡」



ここにきて誘惑の恐ろしさを思い知りました。

戦士なので体力的にどの攻撃も耐えられるんですけど。

ただ1つ、恐ろしいのが...

尻尾。

コレにぶつかると、30k~39kのダメージを喰らうそうです。

HBによりHPが15kを越えた斎藤ですら即死。

非常に危険です。

ちなみにヒーローインテンションを使うのはこのときのため。

それとロープに掴まっていれば、誘惑が掛かろうと関係ないのですが。

ロープから手を離した瞬間がヤバい。





パラディンLV150-11





勝手に動く(というより操られる)とか新しい感覚です。

急に走りだしたかと思えば、ひたすらジャンプしてるとか。

クレイジー過ぎて笑えます。

って笑っている場合じゃあない。

なんと回復すらできないという仕様。

掛かったことをすぐに知らせないと命取りとなるので、SSのように報告。

なるほど、スタンスが必要というのはそういうことだったのか。

有り無しでは全く違う。

ロープから落ちないためにもスタンスは必須というわけだ。





パラディンLV150-10




さっきまでとは違い、こちらは緊張感があるため多少はやりがいのある仕事だ。

たまに召喚される自由奔放なワイバーン(驚くことに縦にも飛び回る)も処理するしね。

というか、ホントにコレで役に立っているのであろうか?

このときは非常に疑問だった(笑)。

にしても、言うの遅れたが頗る重い。

画像は最低で、音も消しているのにだ。

特に1マップ目と2マップ目。

狭い上に28人いるので全員が攻撃をすれば、とてもじゃないが動けない。

通常は秒間60フレームの処理速度が、10フレームを切っていましたからね。こんなの初めてです。

こんな状況で攻撃したら絶対落ちるだろ。

3マップ目の本体は分散したり、私だけ離れていたりでそんなに重くはないんですけどねぇ。

攻撃担当じゃなくてよかったのか。

その分、ホーンテイルの経験値は1も入ってきませんけどね。

そんな時にボスが攻撃の許可を出してくれた上にセングチュアリをかましていいと。

ちょっとだけ吸えました。ちょっとだけ。





パラディンLV150-14





無事に討伐し終わりまして。

普段目にすることのないドロップ品を見てたりと。

そんなときに。



誠「ネックレスある」

誠「ここ2こ」

ナスリィ「斉藤君GO!」

まぐっこ「斉藤君おめ!」

凛「すぐ能力みてね」

凛「ネックレス」



初参加にして速攻ゲットするとは...。

して、その能力は?





パラディンLV150-13





斎藤「6787」

凛「粗悪」

まぐっこ「ww」

ナスリィ「びみょ~w」

まぐっこ「微妙w」

あぶらーど「wwwwwwwww」

凛「もう1回」



もう1回だってー!?

他の方達は全員取得してるそうで、持ってないのは私だけなのでね。

...交換不可だけに捨てると消える。

コレを欲しがっている人は大勢いるだろう。

罰当たりだがしょうがない。

私しかいないんだ。





ホーンテイルのネックレス





残る1つは標準。

シュピゲルマンのネックレスの能力を差し引いても。

STR・DEXの補正が12上がったことになる。

普通にスゴい。

それにしても、ちゃっかりUGついてるんですねぇ。

この強化書が出れば、さっきみたいに捨てるなんて状況は失敗品以外にないでしょう。



後にホンテ討伐ブログを読んで知ったことなのですが。

誘惑には2種類あり。

1つが1人を対象とした個人誘惑。

もう1つがPT全員を対象にした集団誘惑。

最初にマップに入場した者が前者の個人誘惑にかかるそうで。

討伐隊長に選ばれたのはそのためだったわけです。

自分では実感できませんでしたが、あれで役に立っていたんだと、今頃です(笑)。 【“救いのヒーロー斎藤一参上”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。