FC2ブログ

メイプルのDIO

オンラインゲームにより始めたブログ。しかし、今ではバイクや学生生活を描いた記事が中心。ちなみに愛車はZEPHYRχ、名づけて「火の玉君」。相互リンクは基本受け付けてます(リンクフリー)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮城県の旅 後編 -超越したバーベキュー-

前回の続き。





シン「おいー!」

DIO「(´゚ω゚):;*.':;ブッ」

ミッチー「ハマった...。」

DIO「この光景をカメラに収めておこう。」

DIO「って、焦げ臭ッ!」

ミッチー「何のニオイ?」

DIO「タイヤが焦げたニオイ。」

シン「俺の車が汚れる~。」



結局、来た道を戻ることに。

まともな道路に出た後は、再び釣りポイントを探す。

しかし、探しても探しても良い場所は見つからず。



3月9日14時20分



DIO「あ~、良く寝た~。」

DIO「着いたの?」

ミッチー「うん。」

シン「着いたか。」

ミッチー「ってか、DIOがさ~。」

DIO・シン「ん?」

ミッチー「俺が運転してるのに運転席の目の前に倒れて来るし。」

ミッチー「左カーブを曲がったら、その反動でドアにゴッ!って頭ぶつけてんのに、それでも寝てるし、どんだけだよ(笑)。」

DIO・シン「ははは(笑)。」



車を停めた位置から5分ほど歩きポイントに到着。

そそくさと準備を始め、釣り開始。

ちなみに全員ヘチ釣り。ミッチーはさらに投げ釣り。





2009春東北5





5分経過ッ!



DIO「当たる?」

シン「当たらない。」



10分経過ッ!



DIO「当たる?」

ミッチー「当たらない。」



30分経過ッ!



DIO「場所を変えよう!」

シン「えー。」

ミッチー「うーん。」

DIO「最初のところの方が良くない?」

ミッチー「そうだな~。」

DIO「それにまだ時間はある。暗くなる前には行けるっしょ。」

ミッチー「そうするか。」



この場所は全くつれる気配がなかった。

ということで移動。



3月9日16時21分





2009春東北6





結局、最初の場所に。

再び準備をし、釣り再開!

ちなみに仕掛けはミッチーのお手製。

さっきの場所とは違い、ここはすぐに当たりが来た。



DIO「ここはすぐ当たるなぁ。」

シン「釣れた!何これ?」

ミッチー「ハゼだな。」

シン「また釣れた!何これ?」

ミッチー「小さいけどメバルじゃん。一応本命だから取っておこう。」



私の方はというと、当たりは来るがなかなか食わない。

針に対して獲物が小さいのだろう。

結論から言うと、この後も釣れたが、シンしか釣れなかった。

しかも、釣れたサイズはどれも10cmに満たない小物のみ。



ミッチーが仕掛けを変えてくれるというので釣りは放置し、火を焚くことにした。

日が暮れると寒さが半端ないレベルになる。

もはや3人とも凍死寸前とまではいかないものの、震えるほどに。

シンと一緒に車に戻り、バーベキューセットを移動させるのだが...。



シン「やばい...。」

DIO「何が?」

シン「ライターがねぇ。」

DIO「冗談だろ。」

シン「ホントにない。」

DIO「...ミッチーなら持ってるはずだ。」



すぐにミッチーの元に向かい、聞いてみると。



ミッチー「持ってないよ?」

DIO「何でだよ!」

ミッチー「俺タバコ吸わないし。」

DIO「...。」



再び車に戻り、車内中を捜索。

なかったらコンビニにでも行くしかない。

近くにコンビニがあるなら全く問題ないが、ここはド田舎。

最寄のコンビニまで何kmあるんだろうか...。



DIO「シガライター利用するか。」

シン「どうやって?」

DIO「テキトーに紙に火を点けて持っていくとか。」

シン「おおー!」

DIO「!?」

シン「あった!」



運良く発見!

絶望の中、アレはまさに奇跡的だった。

心配して戻ってきたミッチーにも報告し、バーベキューの準備をする。

しかし、着火剤はあるのにも関わらず悪戦苦闘。

なんとか着火し、バーベキュー開始。





2009春東北7





DIO「うわぁ...。」

ミッチー「やっぱ鉄板使うべきだよ。」

DIO「ダメだ!」

DIO「2回も洗ってない鉄板なんて使えるか。」



なんとシンが今回も鉄板を洗ってこなかった。

ゆえに何かあった中華鍋で焼くことにした。

ちなみに食材は昼食後に購入。



ミッチー「というか火が弱いな。」

シン「火力アップだ!」



さて、ここからがバーベキューの真骨頂。

今までのバーベキューもなかなかスゴかったが、今回はそれをも越えてしまった...。





2009春東北8





まずは紙と炭の追加。ここは問題ない。





2009春東北9




さらに火力アップ。

だけど...変なのが燃えてるような...。

ここら辺にもなると、これまたいつも通りにミッチーが暴走。

不燃ゴミに引火する。

それをシンが止める。

不燃ゴミにいn(ry

その結果。










...











...










2009春東北10





シン「俺のバーベキューセットが~。」

ミッチー「暖かいし、火力も十分だ。」



いつも通りの結果になった。

最初の方があまりにも肉が焼けなかったために、かなりのスローペースに。

そのせいか、いつもより肉の量は少なかったが満腹感は得られた。

しかしながら、まだバーベキューは終わっていない。

なんと、ここでシンが会社から貰ってきたというあるブツを投下する。






























2009春東北11





なんという地獄絵図。



DIO「カオス(笑)。」

ミッチー「あといくつあんの?」

シン「5セット貰ってきた。」

DIO「よくそんなものがあったな...花火なんて。」



そう、あるブツとはファミリーサイズの花火。

中盤辺りから花火で炭に着火させようと試みていたのだが。

いつしからか、そんな生易しいことはやめ。










花火を1セットずつ投下。










通報されなかったのが奇跡的だ。

良い子は絶対に真似しないように。



DIO「ミッチー、服が燃えてるよ。」

シン「ホントだ(笑)。」

ミッチー「ええ?ああ、ドンマイだな。」

DIO「そんなに酔ってるのか。」

ミッチー「かなりヤバい...。」

シン「1人で車戻る?」

ミッチー「そうする、鍵くれ。」



その数分後には残る2人も必要なものだけ所持し、車内に戻る。

もちろん!

今回もいつも通り車中泊だ。



3月9日21時20分



おやすみ。



3月10日07時40分



おはよう。

一番最後に起きたのは私。

驚くべくことが2つ。

昨日は車に戻ってからたったの10分で眠りに就いたことと。

あんなにぶっ倒れそうだったミッチーは3時に起きて、5時ぐらいからは釣りをしていたということ。

今日の予定は簡単だ。

温泉に入って、牛タン食べて、帰る。

起きてからすぐに帰る準備をする。



ミッチー「ゴミ?片付けたよ。」

シン「煙が上がってると思ったら」

DIO「全部燃やしたのかよ!」



3月10日08時00分





2009春東北12





帰りはいつも通りみんなグッタリ。

私とシンで交代しながら運転し、仙台を通過。

...通過!?



DIO「おい、牛タンはどうするんだ!」

シン「腹減ってないからいいよ。」

DIO「何だと?」

DIO「おい、ミッチー。今の聞いたか?」

ミッチー「えええ、マジかよ。」

...

DIO「もっと反論しろ(笑)。」



ということで仙台はスルーされた。

仙台を抜けた後、シンの誘導に従い、どこかへ向かう。

どうやら温泉らしい。

温泉らしいのだが...。



シン「通り過ぎたし。運転代われ。」

DIO「通り過ぎたとか、早く言え。」

シン「ここらなんだけどな~。」

DIO「ここ入るの?(笑)」

シン「この先だ!」



また、山の中へ突入。

その激しい道のりにミッチーも起きた。



ミッチー「何これ?超面白そうじゃん。」

DIO「温泉があるらしい。」

ミッチー「えええ!秘境の温泉ってやつ!?」

シン「普通の温泉。」

DIO「今度は秘境の温泉探しでもしたいな。」

ミッチー「いいね!」



激しい道のりを通るも行き止まり。

再び国道に出て、辺りを探すことに。

すると、そこへ...



オッサン「何探してるの?」

シン「温泉探してるんですけど。」

オッサン「ああ、取り壊されたよ。」

DIO「やっぱり(笑)。」

シン「そうですか~、ありがとうございます。」



地図の温泉マークの地点に何もない時点でおかしかった。

近くの温泉を探すも見つからず、そのまま高速に乗ることに。

高速に乗ってから30kmほど走ったところのサービスエリアにて昼食。

まだ宮城県内だったということもあり、牛タンが食べられることができた。

国見サービスエリア。

このサービスエリアは私の中でかなりポイントが高くなった。

試食サービスがかなりあることに加え...。



DIO「オレはレストランはあまり好きじゃない。ご飯が足りないからな。」

ミッチー「ほう。」

DIO「しかし、あそこは違った。」

DIO「ご飯のおかわりが自由だったからな!」

ミッチー「ははは(笑)。」



※味噌汁もおかわり自由、コーヒー飲み放題。



シン「次はどこ行こうか?」

DIO・ミッチー「はえーよ(笑)。」

DIO「まだ旅終わってないし。」

シン「さすがに早いか。」



終わり。

コメント返信。



>広船men さん

中学校の時からこんな感じにバーベキューやったり、海に行ったりしてたんですよ。

って、二輪の教習所に通ってる!?

一発試験なら、近くにバイクがあるならそれ乗って練習すればいいかも。

教えてくれる人がいるのが1番だけど、ないなら本とかネットとかで勉強かな。

頑張ってください!

それと、高専に留年者と退学者が多いのはつき物です。でも1年間で合計13人は多いかな...。



>byオレ

簿記がなんなのかよくわからんが、頑張れ。

言うの忘れてたけど、二輪免許は絶対に取った方がいいよ!

コメント

応援あり!
またあんな記事頼んます!(笑)

いいなあ宿泊バーベキュー。
そういうのって3人がベストじゃない?と思ってみる。

  • 2009/03/16(月) 22:56:17 |
  • URL |
  • ぶらっく #-
  • [ 編集]

放火犯罪にならないようにぬ!

  • 2009/03/18(水) 10:19:27 |
  • URL |
  • お米大好き #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://maplestorydio.blog108.fc2.com/tb.php/306-cc16bfcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。