メイプルのDIO

オンラインゲームにより始めたブログ。しかし、今ではバイクや学生生活を描いた記事が中心。ちなみに愛車はZEPHYRχ、名づけて「火の玉君」。相互リンクは基本受け付けてます(リンクフリー)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能登ロングツーリング 最終章 -絶望、疲労、妥協-

現在地は白川郷。

この辺りの道はどんなに小さい道でも行ける方向は、北・南・東・西の四方向だけ。

我らが東京はココから東に位置するので、東に進む他ないのだが。





唯一の東への道が通行止め。





家に帰ってから調べてわかったことなのだが、その道はよく通行止めになるらしい。

翌日になれば開いたのかもしれないが、完全に工事だと思っていたため、迂回ルートを考える。

東は除外される。

西は反対方向なので除外、というか有料道路しかない。

北は、北からココに来たので除外。

ということで、さらに南下するしかない。

早急に出発したいところだが、問題はまだある。



シン「もう、ここで寝る。」

DIO「はぁ~!?」

シン「こんなところ人来ないし、いいでしょ。」

DIO「こんなところにテント張れねーよ!コンクリしかない。」

シン「寝ようと思えば、寝れる。」

DIO「その前に、今日中に進めておかないと、明日が厳しいぞ。」




説得すること3分。



シン「じゃあ、行くか。」

DIO「おー!」

シン「その前にガソリンは入れてよ。」

DIO「okok。」



しかし、時間も時間、ガソリンスタンドはどこも開いていないだろう。

結局、ガソリンスタンドを発見できないまま、白川郷からわずか13kmほど走行した地点に道の駅「飛騨白山」を発見。

私としてはまだまだガンガン行きたいとこだったが、シンの疲れを考えて、ココでテントを張ることにする。ちなみに、なんと私達以外に道の駅にテントを張っている人を発見した。



5月3日22時13分





2009年5月4日01





テントを張る時間が昨日よりも3時間ぐらい早いため、寒さに震えることもなく、冷静にテントを張り終えることができた。

まともに貼ることができたので、昨日よりは広い気がする。

だが、地面はコンクリート。

一応辺り一面を見て回ったが、ちょうど良さそうな場所はなかった。

寝返りを打てないことに加え、今度は地面がコンクリート...。



シン「俺は普段から床で寝てるから問題ない。」

DIO「...。」



シンはそのまま寝たが、私にはまだやらなければならないことがある。

明日のルートだ。PSPで再度確認してみる。

...

やっぱりそんなに道はないか。

疲れたし、私ももう寝るか!ということで就寝。



5月4日06時07分



起床後、隣にGOLDWINGとZZRが止まっていることに気づく。

さらにその間にテントが1張り。

2人いるのか?人のことを言えないが、そのテントも小さすぎる。

すると、中から人が出てくる。

中年のオジ様だ!



オジ様「おはようございます!」

DIO・シン「おはようございます。」

オジ様「その小さいテントに2人で寝てたんだね~。」

DIO「はい。」

オジ様「てっきり女の子と寝てるのかと思ったよ!」

DIO「ははは(笑)。」

オジ様「お、練馬...東京からか。」

DIO「そうです。」

オジ様「どこか行くの?行ってきた?」

DIO「能登半島を回ってきて...」

オジ様「もう帰るのか。」

DIO「はい。」

オジ様「高速使ってでしょ?」

DIO「いや。」

オジ様「下!?全部?」

DIO「はい。」

オジ様「うわ、キッツいね~。」

DIO「キツいッスね。」



なかなか面白いオジ様だ。

しかし、やはり誰が見ても厳しいのか。この旅は(笑)。

昨日と同じように朝食を食べ、オジ様方に見送られながら、道の駅「飛騨白山」をあとにする。

さて、ルートだが、完全な遠回り。これしかない。

距離にすると、90km近い遠回り。orz

それと、ガソリンも残り少ないのだが、肝心のガソリンスタンドが見つからない。

見つからないというよりは、開いていないのだ。

さすがにこんな田舎で朝の6時じゃ開いていないか、と思った矢先。

こんな朝早くからやっているガソリンスタンドを発見。

ふう、これで一安心。

このまま一気に長野県の松本市まで行こうとするが、シンがコンビニに寄りたいという。



DIO「コンビニを利用するのは女子供だけだ!漢のやることじゃない!」

シン「朝食がウィンナー3本だけじゃ足りるわけないだろ!」

DIO「...しょうがない、今回は目を瞑ってやろう。」



と言いつつ、自分もパンを2つほど購入した。



5月3日08時58分



道の駅「飛騨白山」を出発してから105km。





...





...





2009年5月4日02





再び絶望にぶつかっていた。

待て待て、今度は完全にこの道しかないんだぞ?

...そうか、なるほど。

ココに来る直前にあった有料道路。アレに乗れということか。

安房峠道路、二輪車の通行料金は600円である。

全長5.6km程度のこの道が600円だと?

ハッ!ボッタクリじゃないか!

あの道を通行止めにして、こっちを使わせる魂胆だな!

しかし、今の状況からでは利用せざるを得ない。渋々600円を支払うことに。

そして、トンネルを抜けると、そこは...





...





...





渋滞だった!





フザケロ。マジに。

そこから松本市に入るまでどれくらい時間が掛かっただろうか。

100kmは走った気持ちでいたが、実際には距離ではたかだか40kmほどしか走っていない。

そろそろ身も心も疲れてきたところで、松本市に到着。

松本と言えば...



5月4日10時36分





2009年5月4日03





そう、松本城である。

しかし、駐車料金が取られてしまうということで、コンビニに止めて遠くから眺めるだけ。しかも、その駐車場は満車。

そして、そろそろシンの方もヤバそうだ。もはや、「疲れた。」としか発しなくなっている。

とは言うものの、時間的に昼にはまだ早い。

昼食は最終休憩地点である下仁田で取ることにした。

ちなみに、下仁田が最終休憩地点である理由は、ついに高速道路を使ってしまう。

下仁田から100kmも走れば、自宅には到着できるのだが、シンが街を走るのはもうやってられないと言う。

時間的に余裕なんだが...何よりゴールデンウィーク効果でヒドいことになっていそう。

ともあれ、まずは下仁田に向かう。

PSPナビ通りに道を進んで行くのだが...





そこは過去最悪の道路だった。





それこそ、その道が通行止めになってもおかしくはないくらい。

ちゃんと繋がっているかも疑わしかったが、一応対向車はやって来る。あの道で車同士ですれ違うことができのだろうか?

そこはホントにヒドく、石...いや、岩がゴロゴロと転がっており、時速40kmを出すのも危ない。3速も入れると、軽くバイクが飛ぶ(笑)。

なんとかその酷道を抜けることができ、一旦休憩する。

そして、そこで衝撃の事実が発覚する。

なんと今の道は通らなくても良かった、ということ。

おいおい、PSPナビだけならまだしも、事前にネットで調べたときも同じルートだったぞ!なぜなのかは今でも謎である。

というか...寒い。標高が高いからか、かなり寒い。

と、シンが言うので、着ていたトレーナーを貸す。

フフフ、昨日ライダースジャケットを馬鹿にしたが、この通りだ。

にしても、さすがツーリング天国と言われる長野県。

峠の量がハンパない。そのためか、ライダー達も多く見かける。

そのライダーを追っかけるようにして、バイクを走らせるが。

即刻、そのライダー達とは違う方向を指示する。

また細い道かよ...。

予想以上に時間が掛かったため、下仁田に到着する前に昼食を取る。

ちなみに、この時点でデジカメの電池残量が尽きてしまっていた。



シン「俺...熱だ。」

DIO「は?」

シン「朝からだるかったのは熱のせいだ。」

DIO「( ゚д゚)ポカーン」



ついに、熱が出てしまったのか。あの野生的であるシンがだ。

いくらなんでも、過酷過ぎたか...。

しかし、あとはもう帰るだけだ。

飯を食べ終わり、道の駅「しもにた」まで走る。

最後の休憩ポイントにて。



DIO「高速に乗るからには限界に挑戦する。」



と言い、いよいよ高速道路に乗るのだが、予想通りの混雑状況。

少なからず、途中までは下の道で行った方が楽だった。

せめての救いが、バイクの特権であるすり抜け。

お兄ちゃんの教えである「いくらスピードを出そうとも、急にドアが開いたら終わり。」という言葉を思い出す。

例え、時速40kmで走ろうが時速80kmで走ろうが、死ねるときは死ねるのだ。

にしても、この渋滞っぷりはホントにヒドい。

渋滞が切れたかと思いきや、再び渋滞にハマる。

その繰り返しで、限界なんかに挑戦できやしなかった。

私は飛ばすも、シンはバイクでの高速道路が初めてのため、ゆっくりめのペースで走行。

そんなこんなで休憩を取らず、1時間強ほど走行し、地元に着く。

そのまま流れ解散となった。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://maplestorydio.blog108.fc2.com/tb.php/326-c3115104
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。